浦和学院・宮城誇南投手、木更津総合・越井颯一郎投手、九州国際大付・香西一希投手などが早稲田大に合格

2026年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 大学野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

高校生のドラフト候補として注目された浦和学院の宮城誇南投手、木更津総合の越井颯一郎投手、九州国際大付の香西一希投手、そして浦和学院の大内勇真選手が早稲田大に合格したことがわかった。

スポンサーリンク

プロ注目投手

浦和学院の宮城誇南投手と木更津総合の越井颯一郎投手は、早稲田大のスポーツ推薦入試で合格したことがわかり、また、九州国際大付の香西一希投手と、浦和学院の大内勇真内野手もAO入試で合格した。

宮城投手は高校1年時から鋭いストレートと変化球を投げる左腕投手として活躍し、2年時からはエース各として投げていた。3年生になると最速144キロの強いストレートを見せ、ドラフト候補としてプロのスカウトも注目したが、進学することを決めてプロ志望届は提出しなかった。

また浦和学院からは二塁手として堅実な守備を見せていた大内選手も合格し、今年のドラフト会議で埼玉西武に1位指名を受けた蛭間拓哉選手の後輩として、来年から早稲田大でプレーをする。

また、木更津総合で声を挙げながらも精度の高い投球をし、140キロ後半の速球を投げて注目された越井投手も合格、こちらも2020年に東北楽天にドラフト1位指名された早川隆久投手の後輩として、早稲田大でエースとしての投球が期待される。

さらに、九州国際大付の技工派左腕で、球速は130キロ台前半だが、試合を完全に支配する力を見せた香西投手も合格した。左の即戦力としての活躍も期待されるが、フォームのバランスが良い投手で、球速アップも期待される。

近々、早稲田大からアスリートセンバツ入試の合格者として発表があると見られる。野球部では毎年4人が合格しているが、スポーツ推薦としては宮城投手と越井投手の他にあと2人は誰が合格しているのか楽しみだ。

早稲田大の選抜入試合格選手4人がチーム合流、印出太一捕手は「4年後に高橋とバッテリーを」
早稲田大は、アスリート選抜入試で合格した印出太一捕手、栗田勇雅捕手、中村敢晴内野手、吉納翼外野手の4人がチームに合流した。
2022年ドラフト候補一覧
2022年のドラフト候補選手一覧です。 ドラフト候補選手の動画とみんなの評価もご覧ください。
浦学・宮城、大内ら4選手が早大合格
今春の選抜高校野球大会で4強の浦和学院(埼玉)の宮城誇南(こなん)投手、同大会出場の木更津総合(千葉)の越井颯一郎投手が早大のスポーツ推薦入試に合格したことが1…
今春センバツ4強の浦和学院・宮城誇南&大内碧真が早大に合格「大学を代表する左投手に」宮城 - アマ野球 : 日刊スポーツ
今春センバツ4強の浦和学院(埼玉)の宮城誇南(こなん)投手、大内碧真(あおま)内野手(ともに3年)が11日、そろって早大に合格した。宮城は、スポーツ科学部の総… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント