西武ドラフト5位・近江の山田陽翔投手が仮契約、契約金2500万円・年俸700万円

2022年ドラフトニュース 埼玉西武ドラフトニュース

埼玉西武は、ドラフト5位で指名した近江の山田陽翔投手と、契約金2500万円、年俸700万円で仮契約を交わした。

スポンサーリンク

ヒーロー

山田陽翔選手は、近江高校で1年時からエース各として投げると、今年は春、夏の甲子園に出場し、センバツでは新型コロナの感染拡大によって出場を辞退した京都国際に代わって出場すると、山田選手の投打の活躍で準優勝を果たした。夏の甲子園でもその力を見せ、今年の高校野球のヒーローとなった。

その甲子園で通算11勝をマークし、ドラフト会議では埼玉西武が5位で指名をする。この日、仮契約を交わし、「あらためてプロ野球選手になるんだと実感しました。また新たなスタートということで、今はワクワクの気持ちが大きいです。まずはけがなくプロ野球の世界に慣れることから始めて、少しでも早く1軍に上がれるようにがんばっていきたい」と話した。

「これからはファンの皆さまに愛される選手になりたいと思いますし、両親やこれまでも応援してくれていた方々には結果で恩返ししていきたい」と決意を述べた山田選手、打撃も魅力だが投手としてプレーする希望を持っており、まずは投手でどのような役割をしていく投手になるのか注目したい。

2022年ドラフト会議指名選手一覧
2022年のドラフト会議は10月20日に行われ、支配下ドラフトが69人、育成ドラフトで57人の、合わせて126人が指名されました。
【西武】ドラフト5位近江・山田陽翔と入団合意「結果で恩返ししていきたい」早期の1軍昇格誓う - プロ野球 : 日刊スポーツ
西武からドラフト5位指名を受けた近江・山田陽翔投手(18)が13日、滋賀・大津市内のホテルで入団交渉を行い、合意した。契約金2500万円、年俸700万円。甲子… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント