千葉ロッテがドラフト指名選手の入団発表 ~新入団選手の詳細~

井上晴哉, 石川歩, 吉田裕太, 三木亮, 二木康太, 吉原正平, 肘井竜蔵

 千葉ロッテはドラフト会議で指名した7選手の入団発表を行った。

即戦力とバランスと

 シーズン3位でCSに出場したものの、そこで敗れた千葉ロッテ、昨年就任した伊東監督が本格的にドラフト会議でのチーム補強に参画したが、捕手、右の内野手、即戦力投手と様々な要望をスカウトに出し、スカウトがそれに見事に答えた形となった。

 ドラフト1位指名はいろいろな選手が挙がった。松井裕樹投手を筆頭にしていたが即戦力右腕投手の獲得を目指し、東京ガスの石川歩投手を巨人との競合の末に獲得した。今年150km/hを記録し、最も成長した選手として評価されたが、身体は186cm75kgとまだ線は細く未完成といった感じ。リリーフでは150km/hの速球を投げるが先発時には140km/h前半で丁寧に投げている印象を受ける。先発候補として期待されているが1年目は完成をさせる1年と、という事になるのではないかと思う。

 ドラフト2位の吉田裕太捕手は数ある捕手の中から伊東監督がキャッチングを評価して獲得した。長打力も抜群の捕手でポスト里崎を争う捕手陣に加わって、一気にポジションを奪うかもしれない。ただし大学ではハイレベルな東都とはいえ2部リーグ中心で、本当の勝負や実績を積む時間は必要だろう。

 ドラフト3位の三木亮選手も、伊東監督が要望する右の内野手として獲得した。堅実な守備と勝負強いバッティングが持ち味で鈴木大地選手に近いタイプだと思う。いずれ二遊間か、三遊間を二人で守る事になるのではないかと思う。

 4位以降は補強のバランスをとった形で、吉原正平投手は実戦経験もあり勝負強い投手で、1年目からリリーフでも先発でもいける。5位の井上晴哉選手は、和製大砲の少ないチームに、長打力に特化した選手を補強した。統一球が再び飛ぶボールになったため、これまでは確実にヒットを打てる選手が重宝されたが、再び一発を打てる選手が活躍する土台ができた。このチャンスをモノにできるか楽しみな選手だ。

 二木康太投手は球速は140km/h前後だが低めのコントロールが良い。188cm74kgと石川投手と体型は似ており、石川投手同様にまずは陸上部として下半身を太くし体重を80kg台までは増やしたい。

 全体的に、先発投手、リリーフ投手、捕手、内野手、大砲、高校生選手と、ポジション、年齢のバランスを取ったドラフトとなった。ドラフト候補が少なかった中で実践的な補強ができたと思う。捕手、内野手の補強ポイントも埋まり、また来年以降のドラフト会議では果敢にチャレンジできる体制が整った事が大きいと思う。

ドラフト 名前 ポジション 背番号 特徴 出身チーム 説明
1位 石川歩 投手 12 186cm75kg 右右 滑川高-中部大-東京ガス リリーフで150km/h、先発では低め意識とフォーク武器
2位 吉田裕太 捕手 24 183cm94kg 右右 日大三-立正大 2部ながらホームラン量産、2年で日本代表正捕手に
3位 三木亮 内野手 37 175cm78kg 右右 遊学館-上武大 チームを日本一に導いた勝負強さと堅実な守備
4位 吉原正平 投手 40 174cm75kg 右右 東筑紫学園-東農大-日本生命 キレのある140km/h中盤速球で1年目から期待
5位 井上晴哉 内野手 44 180cm110kg 右右 崇徳高-中央大-日本生命 ホームランと確実性を兼ね備える、チームに勝利呼び込む
6位 二木康太 投手 64 188cm74kg 右右 鹿児島情報高 大型だが140km/h前後の制球が良い、成長期待
育成1位 肘井竜蔵 捕手 122 182cm84kg 右左 北条高 無名だが強肩の大型捕手、育成で時間少ないが成長期待

 

  背番号37のユニホームをまとった三木は、「もう少し重い番号かなと思っていたので、うれしいです。改めてプロに入ったという実感が湧いてきました」と喜んだ。プロ1年目の目標には「開幕1軍」を掲げ、「最終的には(正遊撃手の)鈴木大地選手のように、ベストナインを取れる選手になりたい」と宣言した。

 まずはコンディションを立て直す。三木は6月に右膝半月板を損傷した影響で、大学ラストシーズンの今秋リーグ戦は有終Vを飾ったが、個人成績は打率2割5厘、3打点と精彩を欠いた。約1か月後の来年1月上旬からは新人合同自主トレが始まるとあって、「そこで出遅れると、後々に響いてしまう。そこまでには万全の状態にしたい」と力を込めた。

 午前中は石川ら他の新入団選手とともに、QVCマリンフィールドのグラウンドに足を踏み入れ、「野球をやることに関しては、最高の環境」と感激。そして、夜はファンの熱烈な応援を体感し、「鳥肌が立ちました。1日でも早くQVCのファンの前でプレーしたい」と誓っていた。

 即戦力の期待が込められた背番号が石川に用意された。「12」―。主力投手の証しとも言える10番台に、「大変、いい番号をもらいました。12番と言えば、石川と呼ばれるように頑張りたい」と感激の表情。ロッテのユニホームにも初めて袖を通し、「縦じまを着たことがなかったので、新鮮ですね」と声が弾んだ。

 前日2日は、さいたま市の2軍施設などを見学し、夜は千葉市内で伊東監督ら球団関係者を交えた会食に参加。ドラ1の“特権”で指揮官と同じテーブルについた。緊張の初対面だったが、会話を重ねる中で「テレビで見るより、優しそう」と印象は変わった。

 その伊東監督は石川について、「いろんな話をしたけど、芯が強くて、見た目とは違うなという感じがした。(今年は)あれだけの結果を残しているし、自信を持ってるんでしょう」と評した。食事の席で話題は翌3日の新入団選手発表会に移り、右腕は指揮官から「(会見で)『20勝します』と言え」と指令を受けた。

 そして、迎えたこの日。両親も見守る前で、石川が「20勝」を宣言することはなかった。質疑応答も、簡潔な答えに終始。「いろいろと言うとボロが出るので、きょうは抑えめにいきました」と明かした。「20勝」の前に、第一の目標は開幕からの先発ローテ定着。「その結果として、背番号と同じくらい勝てれば」と「12勝」に照準を絞った。


PAGE TOP