千葉ロッテ、横浜・増田珠選手、広陵・中村奨成捕手を高評価

増田珠, 中村奨成

千葉ロッテは甲子園視察を行った林球団本部長が、横浜の増田珠選手と広陵の中村奨成捕手を高く評価した。

増田選手を高評価

林球団本部長はいの一番に横浜の増田選手の名前を挙げ、「非常に目を引いた。あの打力は魅力」と話した。甲子園では1安打のみだったが、以前より高い評価を示している。また4本塁打の広陵・中村捕手について「走攻守そろっている。リストに入ってくるのは間違いない」と話した。

千葉ロッテは伊東監督が退任することが決定しており、井口氏などが後任に名前が挙がるものの、今年のドラフト会議はフロントが主導して行われる形となりそうだ。近年は平沢大河選手、中村奨吾選手など野手の1位指名を行い野手の世代交代を図っている。昨年は投手を大量に補強し、今年の野手の指名に障害はなく、1位指名は高校生野手で間違いないとみられる。

清宮幸太郎選手を筆頭候補としているが、清宮選手の進路の決断次第で、増田珠選手、中村奨成捕手の1位指名があるかもしれない。千葉ロッテは田村捕手など若い捕手が多い事もあり、清宮選手の次は外野のリーダーとなり主軸としてチームを勢いづけられそうな増田選手が優先される可能性もある。ただし打撃でも中村選手の方が上とみられ、ポジションに関係なく日本人の大砲に近い選手として中村選手を1位指名するかもしれない。

千葉ロッテマリーンズのドラフト会議

甲子園視察を行った林信平球団本部長は、増田の名前を挙げ「非常に目を引いた。あの打力は魅力」と絶賛。さらに大会4本塁打の中村には「走攻守そろっている。リストに入ってくるのは間違いない」と話した。


PAGE TOP