千葉ロッテのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は千葉ロッテ編

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天横浜DeNAオリックス巨人北海道日本ハム中日

千葉ロッテ

〇タイプ:即戦力型
〇監督:内野手出身、方針はまだ不明、メジャースタイル
〇決定者:松本尚樹編成統括兼本部長補佐
〇補強ポイント:先発投手、リリーフ投手、右のスラッガー
〇近況:今のところ動きなし

千葉ロッテはなかなかホームランの出ない球場もあり、投手を中心とした守りのチームが特徴だったが、西岡選手、今江選手などの流失やサブロー選手、井口選手の引退など、野手の入れ替わりの期間に時間がかかっている。若い選手の台頭が少なかったのか、それとも活躍してきた功労者を使い続ける方針かはわからないが、他球団のように急激にレギュラーが変わりような感じではなかった。

井口新監督のチーム作りや戦い方についてはまだわからない。しかし選手一人一人に自主性を持たせるメジャー流を基本としているようで、任されて自分を強くできる選手がどのくらいいるか。メジャー流で行くとなると、キャンプなどでふるい落としていく形になるが、井口監督が認めるレギュラー選手がどのくらいいるかがポイントとなりそうだ。

フロントではスカウトからたたき上げの松本編成統括兼本部長補佐を中心に林球団本部長も積極的に選手を見に行って評価をする。監督の意見も反映させ、現場の風通しは良いと思われる。

チーム状況は、伊東監督は内野手の強化を図り、平沢選手、中村選手を1位指名し、また昨年のドラフトでも安田選手、藤岡選手、菅野選手格ポジションで野手を獲得した。内野手に関してはようやく競争ができるようになり、鈴木大地選手、中村奨吾選手に平沢大河選手、藤岡裕大選手など、質も高くなってきた。外野手も角中選手、荻野選手、清田選手の時代から、安田選手、菅野選手、加藤選手などへとシフトもするかもしれない。しかし、外野手についてはもう一人、質の高い選手を確保したい。

ファームを見ると、ある程度、経験を積んだ選手が多く、育てるのが楽しみという選手がやや少ない。平沢選手が1軍で定着をしたら、ファームでは内野手、外野手獲得して育てたい。上位で即戦力という選手ではなく、特徴のある選手を獲得したいところ。

投手の補強は2016年の佐々木千隼投手を獲得、石川投手を中心に涌井投手、佐々木投手などが回るローテーションを期待した。しかし佐々木投手が4勝7敗と振るわず、石川投手も涌井投手も結果を残せずに最下位に沈んだ。3年連続2ケタ勝利を挙げ、2016年は14勝を挙げていた石川投手の不調の衝撃が大きく、軸になる投手がやはり必要である。

その中でやはりエースとなれる球威のある投手が欲しい。酒居投手、土居投手、そしてルーキーの山本大貴投手、渡邉啓太投手など、即戦力型で2番手以降で投げそうな投手はそろうが、やはり軸となり球威で他球団を圧倒しそうな投手が欲しい。リリーフ陣も社会人から獲得した投手がたくさんいるが、内投手、益田投手、松永投手などにも競争感を与えるために獲得ししてきそうだ。

 

捕手は若い田村選手を中心に12球団でも選手層の厚さは光る。補強の難しい捕手、そして遊撃手という点で悩みがやや少ないのは良い点か。

ドラフト候補は

ドラフト1位は、今年の安田選手、藤岡選手、菅野選手次第という事もあるが、投手で行きたい。即戦力など関係なく、最もエースになりそうな投手を指名したい所で、埼玉栄・米倉貫太投手、大阪桐蔭・柿木蓮投手、東洋大・甲斐野央投手、Honda・齋藤友貴哉投手などを狙いたい。

ただし、エース格として認められる投手がいないならば、今年は日体大・松本航投手や東海大・青島凌也投手、国学院大・清水昇投手などを2位などで獲得できる可能性もあることから、1位では平沢選手の対抗馬として、また今後数年間は内野手の補強をしなくてもいいという事で小園海斗選手を、または守備のスペシャリストとして天理の太田椋選手を指名しても面白い。

また、安田と競争できるスラッガー候補として、花咲徳栄・野村佑希選手、早稲田実・野村大樹選手、健大高崎・山下航汰選手、智弁和歌山・林晃汰選手などを狙っても面白い。

4位、5位あたりでは育成しがいのある高校生を指名したい。日大三の日置航選手、横浜の斎藤大輝選手、万波中正選手、星槎国際湘南の松下壮悟選手、専大松戸の今里凌選手、日本航空石川の上田優弥選手、波佐見の内野裕太選手などが獲得できれば楽しみ。

 

千葉ロッテマリーンズのドラフト会議


PAGE TOP