東京ヤクルトのドラフトの狙い(2018)

2018年度の12球団のドラフトの動きを予想してみます。今日は東京ヤクルト編

ソフトバンク広島カープ埼玉西武阪神東北楽天横浜DeNAオリックス巨人北海道日本ハム中日千葉ロッテ

東京ヤクルト

〇タイプ:本来は育成型
〇監督:外野手手出身、バランス型
〇決定者:伊東昭光チーム統括本部・編成部部長
〇補強ポイント:先発投手、外野手、主軸打者、一番打者
〇近況:衣笠球団社長、3人から4人の高校生を獲得したいと話し、育成強化

東京ヤクルトは主力は山田哲人選手、川端慎吾選手を筆頭に雄平、畠山選手と高校生を育てて主力を作り、2015年の優勝に大きく貢献した。投手でも以前は高校生出身の投手が活躍をしていた。しかし、近年は投手の故障が多かったり、高校生で指名した選手がなかなか出てこないことから即戦力投手の指名が続いていた。しかし、2015年、2016年は廣岡選手、高橋奎投手、寺島投手、梅野投手、古賀捕手を獲得し、高校生育成路線に戻った。

昨年のドラフトでは1位は将来の4番候補にこだわり、清宮選手を指名し抽選で外したものの村上宗隆選手を獲得でき、4番候補の内野手として育てる方針を示している。2位以降は驚く指名となった。他球団からあまり名前の出ていなかった大下佑馬投手を2位で、また3位の蔵本治孝投手、4位の塩見泰隆投手など、実績はまだまだも素質の高い選手を指名した。SDとして選手獲得の責任者だった小川氏が自ら監督に就任することが決まっていたが、素質の高い選手を指名した。

その小川監督は、チーム方針などはあまり明確に示すことは無いように見える。しかし宮本ヘッドコーチなど首脳陣の意見を聞き、まずは選手を育てる事から始めていく。そういう意味ではバランス型のチーム方針で、育成型という事になりそうだ。

フロントは衣笠球団社長からも積極的に補強選手の発言がでるなど、小川SD、伊東統括部長などの連携はできている。小川氏が抜けた事などがどのように影響するかはわからないが、今のところはオーナー側ともチーム方針でうまくコミュニケーションができている。

チーム状況を見ると、昨年は大きく負け越しての最下位に終わった。2015年優勝メンバーの山田選手、バレンティン選手、雄平選手などがいるものの、川端、畠山選手が昨年も故障などで活躍が見られず、2年連続トリプルスリーの山田選手も昨年は大きく成績を落とした。一昨年の死球の影響も噂されるが、これだけ打てて走れる、しかもセカンドというのは貴重で、復活をしてほしい。

課題だった1番センターにはベテランの坂口選手が大当たりで、しっかりとはまった。そして今年はメジャーで活躍していた青木選手も復帰し、外野手の層は厚くなった。しかし、バレンティン選手も含めてベテランの3人が並ぶため、次の世代を担う外野手は欲しい。ただしチームは以前からドラフトで外野手をあまり獲得しない傾向がある。ここ3年間で山崎晃大選手、塩見泰隆選手の二人の外野手を指名しているのは珍しい事で、チームとしても危機感が見えるが、チームの顔になるような1番センター、または主軸を打つようなスラッガータイプの外野手も獲得したい。

内野手は川端選手や畠山選手の故障は想定しながら選手層を厚くする必要がある。期待の廣岡大志選手がそろそろ出てきてほしい所で、サードかショートに入れば、ベテランの大引選手も含めて層は厚くなり、山田、廣岡の二人は打撃でも非常に楽しみになってくる。ルーキーの宮本丈選手が加入したが、さらに今後ショートで悩まなくてもいいように、高校生の有力な遊撃手を狙いたい。

捕手は中村選手が若く安泰、また古賀選手、山川選手と捕手の補強は続いており、当面は補強ポイントにはならなさそう。

投手は小川投手が8勝7敗とまずまずだが、石川投手が4勝14敗、原投手が3勝11敗、星投手も4勝7敗と苦しかった。ドラフト上位で指名した投手が活躍できなかったりと近年のドラフトの失敗の影響が出てしまっている。しかし、原投手や星投手が経験を積んで、また寺島投手など活きの良い若い投手もそろってきており、この流れを拡大させるために、若い投手を獲得したい。

リリーフでは外国人投手中心の状態が続く。秋吉投手や石山投手なども奮闘するが、リリーフ陣の層は厚い方がいいし、リリーフエースとしてチームを盛り上げる存在も欲しい所。

ドラフト候補は

即戦力投手の1位指名と行きたいところもあるが、2位で日体大の松本航投手や東妻勇輔投手、東海大の青島凌也投手や法政大の菅野秀哉投手などが獲得できそうな流れになったら、高校生内野手の小園海斗選手や、長打力もあり投手や外野手としての可能性もある根尾昂選手を獲得したい。

また外野手では大阪桐蔭の藤原恭大選手を獲得すれば、1番センターで10年間はレギュラーを張る選手になりそうで、これまで苦労してきた1番センターに悩まなくてもよくなりそう。他に高校生では野村佑希選手や、昨年秋にヤクルトと対戦し大活躍をみせた法政大の中山翔太選手も右のスラッガー候補として獲得したい選手。

あとは投手の指名で良いとは思うが、若い選手も比較的人数は多いため、あまり多く取っても登板機会をお互いに減らしてしまい、質を求めて選手を見極めたい。その中で課題のリリーフ候補や、先発でも一角を目指せそうな投手として、駒澤大・白銀滉大投手、青山学院大・河端優馬投手、また強い球を投げ、リリーフエースとしてチームを盛り上げてくれそうな関西大の山本隆広投手や立正大・釘宮光希投手、生田目翼投手、またなかなか行きにくいかもしれないが国学院大の清水昇投手なども球の強さがある。高校生ならば土居豪人投手や引地秀一郎投手、川原陸投手など、特徴も能力も高い投手から見極めて1人から2人を獲得したい。

東京ヤクルトスワローズのドラフト会議


PAGE TOP