千葉ロッテ、スカウト会議情報まとめ

藤岡貴裕, 東洋大, 中後悠平, 近大, 釜田佳直, 鈴木大地, 西川健太郎, 金沢, 星稜

昨日行われた千葉ロッテのスカウト会議の情報をまとめると、ドラフト1位ではこれまで公表していた通り東洋大・藤岡貴裕投手。これについてサンケイスポーツでは西村監督は「絶対ほしい投手。私がクジを引きます」と意気込んでいるとの事。

次に外れ1位については4~5人が候補として上がっているらしい。デイリースポーツによると、近大・中後悠平投手が有力と載せている。その他の候補としては、以前より評価の高かった足立学園・吉本祥二投手のほか、金沢・釜田佳直投手、星稜・西川健太郎投手にも高い評価をしていると見られる。

全体で4人~5人、外野手以外を補強するとのことで、2位では東洋大・鈴木大地選手の指名が予想される。

  •  - ” target=”_blank”>全文はにて。

    近大・中後、ロッテの外れ1位最有力 - デイリースポーツ

    松本編成統括は、競合必至の藤岡をめぐる他球団の動向について「多ければ、当日は6~7球団くらい来そうな気がする」と警戒した。中後はMAX151キロにスライダー、カーブ、チェンジアップなど多彩な変化球が武器の変速左腕。当日の状況も踏まえ、外れ1位は4~5人をリストアップしているが、成瀬に続く左腕は補強ポイントの1つでもあり、即戦力左腕の中後に白羽の矢を立てているようだ。全文はデイリースポーツにて。


  • PAGE TOP