東京ヤクルト・小川泰弘投手は5500万円、16勝、最多勝、新人王!

小川泰弘

 東京ヤクルトの小川泰弘投手が契約更改をし、4400万円アップの5500万円でサインをした。13勝をした巨人・菅野智之投手の7000万円、東北楽天・則本昂大投手の6000万円を上回る事はできなかった。

 

チームの最下位が響く

 連日書いている通り、入団2年目の金額では和田毅投手が14勝で1500万円から8000万円となり、16勝を挙げた松坂大輔投手と先日の菅野智之投手が7000万円で2位タイとなった。3番目は1年目に20勝を挙げた上原浩治投手の6600万円で、4番目に先日契約更改した則本昂大投手と田中将大投手の6000万円となっている。

 小川泰弘選手は今年、16勝を記録し、リーグ最多勝、そして新人王を獲得した。リーグ戦では13勝の菅野智之投手を上回ったものの、チームは最下位に沈み、CSや日本シリーズに出場する事はできなかった。それが響き、日本一となった則本昂大投手や菅野智之投手を金額では下回り、5500円となった。

エース候補

 これまでは石川投手や館山投手のケガが多く、軸となる投手が不在だったが、これだけの勝ち星を挙げた事で、東京ヤクルトはこれをベースに考える事ができる。軸があることで、そのほかの投手で勝ち星を拾う事でチームは一気に上位に浮上する事もできる。エースがいるということは大きい。

 また小川泰弘投手も侍JAPANでの投球を見ても、コントロールが良く、ストレートも強いボールと抜いたボールを投げ分けられ、変化球もキレがあった。台湾を相手に4回8奪三振のピッチングをみれば、日本代表でもエース格になりそうな投手だ。

 来年は分析もされるので多少は苦しむかもしれないが、このコントロールがある限り大きく崩れる事は無さそうだ。

 笑顔があふれた。「最大限の評価をしていただいた。時計とかかっこいい車がほしいですね」とライアンは大幅増に納得の表情。1500万円から4200万円で更改した04年の川島亮の記録を9年ぶりに更新。成績やタイトルはもちろん、開幕から先発ローテを守り抜き、26試合で平均6・85イニングを投げ抜いた点を評価された。

 ライバルの菅野や則本には金額で離されたが「2人は優勝したり、日本一を勝ち取ってるので仕方ない」と話した上で、「ストレートの威力も外角の制球力も2人が上。追い付きたいし、追い抜きたい。来年もう1回しっかりやれば抜けるかもしれないし、頑張りたい」と闘志を燃やした。


PAGE TOP