東京ヤクルト、ドラフト1位の寺島成輝投手が背番号18で新人王目指す

寺島成輝

東京ヤクルトは新入団選手の発表会を行い、ドラフト1位ルーキーの寺島成輝投手が、強気の豊富を語った。

緊張が徐々に解け

最初は緊張が見られ、「まずは開幕1軍。そして、新人王を目指したいです。」「18番は、世間的にエースナンバーといわれる。僕はあまり意識しませんが、結果を残したい。セールスポイントはストレートです」と目標を語った寺島投手だが、会見の雰囲気が徐々に和やかになると、セリーグを代表する左打者の横浜DeNA・筒香選手について「筒香選手と対戦したいです。」と話し、司会者に打ち取る自信があるかと聞かれると、「あると思います」と、強引に言わされていた。

それでも、「ストレートで。全ての力を使って勝負したい」と話し、真っ向勝負で戦いたいと希望を語った。球界を代表する左打者を抑える事で、寺島投手が球界を代表する左腕へと成長する。逃げる事なく堂々と勝負して、さらに大きな投手へと成長をしてほしい。

2016ドラフト指名選手 | ドラフト会議ホームページ2016 Draft home page

「筒香選手と対戦したいです。打ち取る自信? あると思います…」最後は司会者に“言わされた感”があったが、先輩の力を借りてレベルアップする。


PAGE TOP