奈良学園大・宮本丈内野手が大学内野手NO.1目指す

奈良学園大, 宮本丈

来年のドラフト上位候補に名前が挙がる大学屈指の内野手、奈良学園大の宮本丈選手が今年の練習納めを行った。来年は今年の吉川尚輝選手、京田陽太選手のように大学NO.1野手と評価される事を目指す。

大学生内野手

今年のドラフト会議では高校生投手や大学生投手とともに大学生内野手も注目された。中京学院大の吉川尚輝選手は巨人からドラフト1位指名を受けると、日大の京田陽太選手は中日から2位で、早稲田大の石井一成選手は北海道日本ハムから2位で指名された。そして来年も大学生内野手に注目される選手がいるが、特に奈良学園大の宮本丈選手は、阪神などが来年のドラフト上位候補にリストアップをしているという。

宮本選手は181cmの遊撃手で安定した守備を見せるとともに、今年の大学野球選手権では中京大戦でソロホームランを放つと、準々決勝の関西国際大戦では満塁ホームランを放ちベスト4進出に貢献した。秋の明治神宮大会出場を決める関西地区大学野球選手権でも、明治神宮大会出場はならなかったものの、ヒットを量産した。

大学NO.1内野手へ

宮本選手は来年に向けて、「個人的には日本代表に選ばれるように。大学生でNo.1内野手は宮本と呼ばれるように頑張りたい」と話した。来年の大学生内野手では、打撃の良い上武大・鳥巣誉議選手、スラッガーの立教大・笠松悠哉選手、慶応大・岩見雅紀選手、大商大の榎本和輝選手、

守備で定評があるのは、1年時よりショートを守り昨年はセカンドを守った東海大・下石涼太選手、明治大の竹村春樹選手、立教大の熊谷敬宥選手なども名前が挙がり、東北福祉大の楠本泰史選手、亜細亜大の北村拓己選手も安定感ある守備とチームに貢献するプレーを見せる。

この中でも大型遊撃手として目を惹く宮本選手、打撃でもアピールしてNO.1の座を勝ち取り、ドラフト会議を迎えたい。投手の候補が比較的多くないことから、成長次第でドラフト1位の声も出てくるかもしれない。

2017年度-大学生内野手のドラフト候補リスト

ドラフトイヤーとなる来年に向けて「個人的には日本代表に選ばれるように。大学生でNo.1内野手は宮本と呼ばれるように頑張りたい」。


PAGE TOP