東京ヤクルト・小川SD、「1位はまだ決められない」

清宮幸太郎, 安田尚憲, 中村奨成

東京ヤクルトの小川SDは甲子園の視察から戻り、ドラフト候補について話した。

高校生の上位候補は3人

甲子園大会で一通りの選手を視察した小川SDは、今年のドラフト会議の1位指名については「1位候補はまだ決められない。大学、社会人を見てから」と話し、現時点で早稲田実の清宮幸太郎選手などに1位指名を決めていることはないとした。

そのうえで「上位候補は早実・清宮、履正社・安田、広陵・中村」と話し、高校生では清宮選手、安田尚憲選手、中村奨成選手のこの3選手を上位候補としていることを挙げた。横浜の増田珠選手、九州学院の村上宗隆選手の名前は、この日は挙がらなかった。

清宮選手有力も

打線のメンバーがそろえばセリーグでも屈指の打線になるものの、畠山選手、川端選手などが故障で外れ、山田選手も今年は成績不振となった。投手についてもコマがまだ少ないものの昨年の寺島成輝選手など補強はしており、次世代を任せられる野手が今年の最優先ポイントとなりそうだ。

その中でポスト畠山として清宮選手、安田選手が、また打力もある捕手として中村悠平捕手と競っていけそうな中村奨成選手も欲しい所。W中村で投手陣とチームを引っ張っていける。

社会人では先発左腕候補のJR東日本・田嶋大樹投手や、苦労をしている抑え投手の候補としてヤマハの鈴木博志投手が、大学生でも先発左腕候補の東克樹投手、右腕の岡山商大・近藤弘樹投手など、即戦力投手として名前が挙げられる選手はいるものの、清宮選手ほどのインパクトがある選手はいないように見える。

高校野球で活躍した選手を獲りたいと、球団オーナーも以前から話しており、この日小川SDが挙げた3人が1位指名になる可能性は高いとみられる。

小川SD注目 清宮、安田、中村 スポーツニッポン紙面 2017/8/16

PAGE TOP