東北楽天、森雄大投手、則本昂大投手が入寮、東浜投手ランニングでついてゆけず、などルーキー達の動きまとめ

福岡ソフトバンクドラフトニュース 千葉ロッテドラフトニュース オリックスドラフトニュース 東北楽天ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2012年ドラフトニュース

 東北楽天はルーキー達が入寮した。ドラフト1位の森雄大投手は田中将大投手の使っていた部屋に入ることになり、「出世部屋だと思うので、自分も田中さんのようにならないといけないです」と話した。森投手も大谷翔平選手と同じくまだ実績を残せているわけではないが、星野監督は「2人よりも1軍で投げるのは早いのではないか」と藤浪晋太郎、大谷翔平と比べられる選手と見ている。期待の左腕投手が出世街道の一歩目を踏み出す。

 またドラフト2位の則本昂大投手も入寮した。首脳陣はリリーフとして期待しているらしい。則本投手は「チームに貢献することが目標。まずは開幕1軍を目指して頑張る」と話した。

 福岡ソフトバンクの東浜巨投手は合同自主トレを開始したが、200mインターバル走では5本目から他のルーキーについてゆけなくなり、10本目は20m以上も離されてしまった。しかし、大学時代もいつも後ろを走っていた、と話しいつもの事のようで気にすることはないようだ。

 オリックスドラフト2位の佐藤峻一投手は神戸で合同自主トレをスタートさせたが、気温6度に「すごく暖かいですね」と話した。佐藤投手は高校、大学と北海道だけでプレーした選手では初のドラフト指名選手となり、純道産子。6度で暖かいと感じられるのが羨ましいが、宮古島のキャンプでは20度を超える。

 千葉ロッテドラフト3位の田村龍弘選手は里崎捕手と対面した。この日もティーバッティングで鋭い当たりを見せた。また光星学院でクリーンナップを組んだ阪神2位の北條史也選手は日課として1000スイングを掲げた。

 

 ソフトバンクの新人合同自主トレが10日、福岡市東区の西戸崎合宿所で始まり、ドラフト1位・東浜巨投手(22)=亜大=ら育成枠を含む10選手がランニングや体幹トレーニングなどで汗を流した。東浜は200メートルのインターバル走では途中から他の選手より大きく後れを取り「ランニングは苦手。これから体力を徐々につけていきたい」と苦笑いした。

  「田中さんの後に誰も入っていなかったと聞いてうれしい。それだけ期待されていると思うし、出世部屋だと思うので、自分も田中さんのようにならないといけないです」。憧れの先輩も過ごした空間に、ベッドや生活用品を運び入れた森は表情を引き締めた。球団関係者は「球団としても“特別な部屋”という意識がある。森くんには期待しています」と、最速148キロ左腕への期待は大きい。

 

 将来的には、田中のように日本を代表する投手になれる逸材だ。長い手足を生かしたしなやかなフォームから、鋭い腕の振りが持ち味。11勝を挙げ新人王を獲得した田中のように1年目から先発ローテーションに定着する可能性もある。星野監督は「(阪神・藤浪、日本ハム・大谷の)2人よりも1軍で投げるのは早いのではないか」と高く評価する。

 森と同じく即戦力の期待を集める楽天ドラフト2位の則本(三重中京大)も入寮。「寮は凄くきれいで、部屋も広い印象です」と笑顔を振りまいた。力強い直球と変化球の切れもあり、首脳陣はセットアッパーとして期待。2月の沖縄・久米島キャンプで1軍スタートが濃厚な右腕は「チームに貢献することが目標。まずは開幕1軍を目指して頑張る」と抱負を語った。

 期待されるロッテのドラフト3位・田村龍弘捕手(18)=光星学院=は、10日から始まった新人合同自主トレーニングでプロとして本格的なスタートを切った。ランニング中心のメニューだったが必死に食らいつき「ついていけた。ほっとしている」と喜んだ。

 

 視察した伊東監督は「今の時代、ゆっくり育てながら時間をかけて2、3年後という考えは違う。すぐに試合で使いたい気持ちはある」とハッパを掛けた。この日の練習でも持ち味の打撃で鋭い当たりを見せた。将来が楽しみな捕手は「好機は何回もない。打撃でアピールできるように」と力強かった。

ドラ2・北條、声でアピール…阪神 - スポーツ報知:2013/1/11

  阪神の新人合同自主トレが10日、兵庫県西宮市の鳴尾浜球場で始まった。ドラフト2位の北條史也(18)=光星学院=は「高校の仲井監督からも声が戦力と教えられていた。意識して声を出していきたい」と首脳陣が見守る中、元気に声を出して練習に励んだ。

 

 日課には、1000スイングを掲げる。大きい鏡も購入済みで、スイングや構えを日々チェックできる環境を整えた。プロとしての一歩目を踏み出し「実感はないが、これからしっかり意識を高く持ってやっていきたい」と意欲を口にした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント