阪神ドラフト2位・横田慎太郎選手が抜群の体力、ドラフト1位・岩貞祐太投手もバランスの良さ見せる

岩貞祐太, 横田慎太郎

 阪神もドラフト会議で指名された6選手が集まり、球団施設の見学や体力測定などを行った。そこでドラフト2位の横田慎太郎選手は垂直とび80cmを飛ぶなど、抜群の身体能力を見せている。

 

二刀流

 横田慎太郎選手は鹿児島実業時代に打っては高校通算29本塁打のスラッガーとして、また投手としても140km/hの速球を投げてエースとして活躍した。また186cm85kgの身体ながら50mを6.1秒で走るなど高い身体能力に注目されていたが、この日行われた体力測定ではそれを実証する結果となった。

 垂直とびでは80cmを記録し、阪神の伊藤トレーニングコーチも「今のチームの中でもNO1くらいのものを持っている」と評価をした。またスイングスピードは1軍レベルの平均が130km/h前後だが、横田選手は120km/h台を記録した。

 

プロのスカウトも高い評価

 ドラフト2位では身体能力を高く評価された高校生の獲得を目指し、各球団の指名が被る事がある。昨年は広島の鈴木誠也選手に対し、巨人など複数球団が2位指名を狙っていたが、先に指名されて悔しがった。今年は横田選手について巨人や千葉ロッテなどが獲得を目指していたようだ。それだけ期待も高まる選手といえる。

 阪神の外野手は金本選手が昨年抜け、マートン選手、福留選手などが守るものの、伊藤隼太選手などによる世代交代が必要なポジションとなっている。外野手の一角として、主軸として横田選手が活躍する時、世代交代を終えた新たな阪神が誕生しているだろう。

 

岩貞投手はバランスの良さ評価

 また、ドラフト1位の岩貞祐太投手については「能見、藤浪のようにバランスがよかった」と評価された。投手にとってバランスの良さは何よりも良い指標と言える。まだ線が細く見える岩貞投手、これからどんな投手となっていくのか注目したい。

 

 ドラフト2位の横田は、規格外の高卒ルーキーだった。「身体能力には自信を持っています」。その言葉通りバットスイング、背筋力など各部門で好成績をたたき出した。特に目立ったのが垂直跳び。「80センチくらい跳んだ。今のチームの中でもNO1くらいのものを持っている」と、伊藤敦規トレーニングコーチ(50)が目を丸くした。

 バレーボール全日本男子のエース清水邦広(27)も、Vリーグ公式サイトで発表されている数値が80センチ。ジャンプ力を求められるバレーボールのアタッカーと肩を並べる数字だ。最近の阪神では03年の鳥谷が70センチ、04年の赤松は75センチだった。ともに大卒ルーキーで、それと比較しても横田の能力は抜けている。

  ドラフト1位の岩貞は“能見級”の評価を受けた。体力測定で平均以上の数値をマーク。「能見、藤浪のようにバランスがよかった」と伊藤コーチは絶賛した。ウエート、体幹など反復練習を繰り返してきた左腕は「一緒にやったメンバーに劣っていなくてひと安心。例年、1月半ばにはブルペンで肩をつくっている」と早期の投球開始に意欲を見せた。


PAGE TOP