神港学園、三浦拓巳選手、今井豊貴選手に阪神注目

神港学園, 三浦拓巳, 今井豊貴

 高校野球兵庫大会では神港学園も初戦を勝利した。通算45本塁打の三浦拓巳捕手が注目されているが、5番の今井豊貴選手が2打席連続ホームランを放った。

 今井豊貴選手は172cmと身長はそれほど大きくないが、体重は90kg前後でがっしりとしている。5番を打ち、高校通算45本を記録していたが、この日は第3打席、第4打席にホームランを放ち通算47本塁打とした。

 神港学園では6月まで高校通算45本塁打を放ち、セカンドまでの送球が2秒を切る三浦拓巳捕手が注目され、この日も4番を打ち、阪神のスカウトが注目をしている。この日も阪神のスカウトが訪れたが、そこで今井選手がアピールをした。

 神港学園は高校通算94本塁打の伊藤諒選手(法政大)や、通算100号を達成した山本大貴選手(JR西日本)など、グラウンドの事情もあり通算本塁打が伸びる。

 今井選手はこの日は公式戦で2連発と正真正銘の長打力をアピールした。ポジション、体格などで高校からプロ入りは難しいかもしれないが、大学、社会人でホームランを打ち続けて、将来のプロ入りを目指したい。

2ラン3ラン連発、今井通算47号 - 日刊スポーツ紙面 2014/7/18

 


PAGE TOP