立命大・2年生工藤悠河投手、4回を1安打6奪三振、148km

大学野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース 2013年ドラフトニュース

 立命大の2年生・工藤悠河投手がリリーフで大活躍を続けている。近大との対戦では1-1の6回から登板、近大のエース・中後悠平投手との投げ合いとなった。

7回に自らのスクイズで2-1と勝ち越すと、148kmのストレートで4イニングで6奪三振、わずか1安打と完璧に抑えて勝利した。 これで今季3勝目、中後投手を視察していたプロスカウトもこの投球に注目し、阪神・平塚スカウトは「直球も変化球もいい」とコメントしている。2012年に活きの良い投手が出てきた!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント