立命大・桜井俊貴投手に阪神スカウト7人で視察

桜井俊貴, 立命館大

関西学生リーグの立命大vs近大の試合に、阪神のスカウトが7人で視察を行った。

桜井俊貴投手

注目したのは立命館大の桜井俊貴投手、この日は初回にまさかの3失点をしたもののこれで目が覚めると、最速148キロの速球と、低めに丁寧に投げるようになり、その後は無失点に抑えた。

この桜井投手にはこの日9球団21人のスカウトが視察に訪れ、中でも阪神は佐野統括スカウトなど7人態勢で視察を行った。阪神の熊野スカウトは「ボールの力はあった。そこに春みたいな制球力が戻ってくれば」と評価、制球力がやや乱れている桜井投手だが高い評価をしている。

阪神が7人で視察した意味として、ドラフトで確実に指名したい選手という事か、それとも指名するかどうかの判断が難しく複数のスカウトで見て判断したいという事か。いずれにしても注目していることに変わりはない。

右の先発タイプとしてスタミナもあり実績も十分の桜井投手、兵庫・北須磨高校出身で地元の選手でもある。

2015年度-大学生投手-右投のドラフト候補リスト

2015年度-関西学生リーグのドラフト候補リスト

この日の最速は148キロを計測。担当の阪神・熊野スカウトは「ボールの力はあった。そこに春みたいな制球力が戻ってくれば」と評価した。


PAGE TOP