阪神が新人選手の入団発表、選手の評価と戦力アップ分析

阪神が2016年のドラフト会議で指名した8選手の入団発表を行った。改めて選手の紹介とチーム戦力のアップ度を予想してみる。

阪神2016年入団選手一覧

順位 選手名 位置 出身 身長体重 投打 契約金 年俸 背番号
1 大山悠輔 白鴎大 181cm85kg 右右 10000 1500 3
2 小野泰己 富士大 185cm75kg 右右 7000 1200 28
3 才木浩人 須磨翔風 188cm79kg 右右 5000 600 35
4 浜地真澄 福岡大大濠 184cm88kg 右右 4000 500 36
5 糸原健斗 JX-ENEOS 175cm80kg 右左 5000 800 33
6 福永春吾 四国IL・徳島 182cm90kg 右左 2500 680 40
7 長坂拳弥 東北福祉大 173cm78kg 右右 3000 720 39
8 藤谷洸介 パナソニック 194cm93kg 右右 3000 700 45

新人選手の特徴

ドラフト1位 大山悠輔選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆☆

リーグ戦では4年春にシーズン8本塁打を記録、また侍ジャパン大学代表でも4番を打つ実力者だった。変化球に手こずるところがあるものの、甘い球をスカッとレフトスタンドの運ぶ一発の力がある。スイングについてはバランスが良くタイミングを合わせてくる打者だと思う。ただし守備も打撃も1年目から活躍する選手というよりは、鍛えても壊れない選手と評価されたと思われ、厳しい練習で2年目に二ケタ本塁打を打つようなイメージか。

ドラフト2位 小野泰己投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

185cmの身長があり150キロ級の速球に力がある。ただし、まだ線が細く下半身の土台がしっかりとした感じがなく、ストレートが低めに伸びてくるようなところがない。4年春にはフォームを崩して苦しんでいた。上から角度の良いフォークボールが投げられるようになれば、本格派右腕として大成しそうで、まずは下半身をしっかりと鍛え、フォームを安定させたい。

ドラフト3位 才木浩人内野手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

188cmの長身から投げられる140キロ後半のストレートは伸びる球で非常に素晴らしく、多くの球団が注目していた右腕投手。甲子園に出ていたら今井達也投手のように注目されたかもしれない。昨年の望月惇志投手以上に早くから結果を残すかもしれないとも思う。低めの球と変化球のコントロール次第では1年目から1軍で勝ち星を残すかもしれない。

ドラフト4位 浜地真澄投手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

高校生で150キロを記録した右腕、体も下半身も安定感がありできている感じがする。下半身が安定している分しっかりした球が投げられるが、バッターを見てコントロールを重視して投げており、腕の振りがやや鈍く感じられる。これだけの球を投げられるならば三振をバッタバッタとってもおかしくないが、打たせて取るピッチングを見せる。思い切り腕を振った状態でコントロールされた球を投げる事ができるかどうか、まずはじっくりと見たい投手でもある。

ドラフト5位 糸原健斗内野手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

開星高では梶谷隆幸選手以上のセンスと評価され、明治大でもそのセンスの高さを評価されて満を持してプロ入りをした。社会人では3番サードなどを任されたが、ほかの選手に比べて目が留まるようなプレーはそれほどなかった。しかし金本監督と知り合いのジム「アスリート」で体の強さを評価されており、明治大の後輩である高山俊選手や坂本誠志郎選手からも情報もあって獲得を決めたとみられる。正直、どのような選手になっていくのか見当がつかないが、セカンドなどをしっかり守れるようになるか、梶谷選手のように長打力を見せるようになるか、注目したい。

ドラフト6位 福永春吾投手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

独立リーグ期待の星で成長を続ける右腕、最速152キロの速球はリリースもバッターに近く、押し込む力がある。ソフトバンクの3軍を3回8奪三振と圧巻ピッチングも見せている。腕の振りもよく短いイニングで力で押すような感じで、松田遼馬投手のようなピッチングは1年目からできると思う。

ドラフト7位 長坂拳弥捕手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆

健大高崎時代から身体能力の高さを評価され、小柄ながら長打力を評価されていた。肩もあり坂本誠志郎選手と競っていける。原口選手など捕手の層は厚いが、持ち前の長打力を意外性のある捕手として印象付けていければチャンスを与えられそうだ。

ドラフト8位 藤谷洸介投手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆

194cmの長身で秋の日本選手権で完封勝利を挙げるなど成長中の大型右腕、球速は140キロ前後だが角度があり打ちづらい。もう少し腕が伸びてくるとそのくらいの球速でも差し込むことができそうだ。ただしやはりもう少し球速が欲しい。

 

チーム全体の戦力アップ 1年目:☆ 3年目:☆☆☆☆

1年目では1軍に顔を出す選手は多いかもしれないが、今年の高山俊選手のような活躍は難しいかもしれない。小野投手もプロの身体を作る時間が必要だろう。

ただし、ドラフト1位の大山選手を含め、小野選手、糸原選手、長坂選手など、成長をしそうな選手がたくさんおり、数年後には何人かが1軍でレギュラーとして活躍をしているかもしれない。特に投手は右投手がそろい、この年の選手がライバルとなる。サバイバルな状況となりそうだ。


PAGE TOP