新日鐵住金広畑の148キロ左腕・坂本光士郎投手に広島など10球団視察、阪神は5人態勢

新日鐵住金広畑, 坂本光士郎

社会人野球JABA岡山大会では、新日鐵住金広畑の148キロ左腕・坂本光士郎投手に、10球団のスカウトが訪れ、阪神は5人態勢で見守った。

148キロ左腕

坂本光士郎投手は日本文理大出身の投手で、180cm70kgと身長があるがやや細身の左腕投手、大学時代は145キロの速球と変化球を織り交ぜてピッチングを組み立てる投手として、活躍を見せていた。

この日のHonda熊本戦で先発をすると、2回に自己最速タイの148キロを記録するなど、4回まで1安打ピッチングを見せる。しかし終盤に制球を乱すと、7回には3安打を集められた。6回2/3を投げて6安打6四死球で4失点で降板、「中盤以降は抜け球が多かった。四球から崩れたので、もっと防げる点があった」と反省を口にした。

しかし、この長身左腕のプロ10球団のスカウトが視察し、阪神は5人態勢でチェックをした。広島の鞘師スカウトは「コントロールにばらつきはあるが、キレはいい。安定感が出れば評価はもっと上がる」と高い評価をしており、今年のドラフトで左腕投手として注目選手となっていく。

今年の社会人の左腕投手は、昨年のJR東日本田嶋投手のような存在がおらず、坂本投手がNO.1左腕と評価されてくる可能性もある。

2018年度-社会人投手-左投のドラフト候補リスト

1メートル80、70キロのスリムな体型と投球フォームは阪神の能見を思わせる。5人態勢の阪神を含む10球団が視察する中、2回には球場表示で自己最速に並ぶ148キロを計測し、4回まで1安打投球。しかし、7回に制球を乱して3安打を集められ、6回2/3を6安打6四死球4失点で降板した。

 広島の鞘師智也スカウトは「コントロールにばらつきはあるが、キレはいい。安定感が出れば評価はもっと上がる」と話した。


PAGE TOP