阪神、金足農・吉田輝星投手と面談へ

阪神, 根尾昂, 吉田輝星

阪神は金足農・吉田輝星投手のプロ志望届提出後に、面談を行う方針であることが分かった。

即戦力投手

阪神は即戦力投手の獲得に向け、東洋大の上茶谷大河投手等の1位指名を検討しているが、金足農・吉田輝星投手について、谷本球団副社長が「楽しみですね。金本監督も気に入っていたと思います。ああいう力投型の投手を。1位候補になります」と話し、「すぐ出てくるんじゃないかという評価」と即戦力投手として評価している。

そしてこの日、谷本氏が「行くことになるでしょうね」と話し、吉田投手がプロ志望届を提出後に、面談を行う方針であることが分かった。

即戦力投手として評価する中で、プロ野球選手として1年目からやっていけるか、能力はプレーの中でチェックをするが、面談では考え方や性格などをチェックする。

金本監督が3年間を指揮した中で、今年は下位に低迷した。周囲の状況も徐々に厳しくなるなかで、来年は勝負の年となる。即戦力投手の獲得となれば、東洋大・上茶谷投手などの可能性が高いものの、吉田投手も甲子園での登板で一気に注目度が高まり、人気と実力が評価されている。

根尾選手とも

しかし、中長期的な視点で見ると、野手の補強も必要な阪神、大阪桐蔭の根尾昂選手なども1位指名候補に挙げ、阪神は根尾選手とも面談を検討しているという。根尾選手にもショートとして、また投手として即戦力と評価している可能性もある。

ドラフト会議直前のスカウト会議までに、最終的に1位指名を決断する金本監督への材料をそろえる。

2018年のドラフト候補一覧
2018年度-高校生内野手のドラフト候補リスト

本気度がにじみ出るアクションだろう。谷本副社長は5日に「楽しみですね。金本監督も気に入っていたと思います。ああいう力投型の投手を。1位候補になります」と前向きに評価していた。パワーアームの剛腕は金本監督が好みのタイプ。谷本副社長は「すぐ出てくるんじゃないかという評価」とも話していた。


PAGE TOP