阪神ドラフト3位・木浪聖也選手が仮契約、「打てるショートに」

Honda, 木浪聖也

阪神はドラフト3位で指名したHonda・木浪聖也選手と、契約金6000万円、年俸1000万円で仮契約を交わした。

ライバル

木浪選手は青森山田時代からライバルと競争して成長した。チームメイトには中日で新人王を獲得した京田選手がおり、木浪選手がサードとショートを守っていた。またライバルの光星学院には北條選手がおり、甲子園出場は光星に阻まれていた。その光星は3年時の甲子園で春・夏共に準優勝、藤浪晋太郎投手のいる大阪桐蔭に春夏連覇をされていた。

大谷翔平選手、鈴木誠也選手などが同学年にいる世代で、ライバルを常に意識してきた。ドラフト3位でプロ入りする選手となり、阪神の畑山チーフスカウトも「鳥谷がそうでしたけど、打てるショートとしてレギュラーを目指してほしい。真っ向勝負してほしい」と話し、鳥谷選手、そして北條選手などとショートのレギュラーを争い、奪う力があると話す。

強力なライバルがいる中でさらに力をつけ、ショートでフルイニング出場できるような選手となってほしい。

2018年度-社会人内野手のドラフト候補リスト

阪神には青森山田高時代のライバル北條(光星学院)や藤浪に大山、球界にも広島・鈴木ら、他競技でもフィギュアの羽生結弦らが揃う華の1994年世代。


PAGE TOP