阪神が新入団選手発表、選手の推定年俸・背番号と活躍の予想

2019年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神はドラフト会議で指名した8選手の入団発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

阪神の2019年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1西純矢壮志学園184/88右右10000120015
2井上広大履正社187/97右右600072032
3及川雅貴横浜高183/74左左500060037
4遠藤成東海大相模178/84右左400050045
5藤田健斗中京学院大中京173/73右右300050059
6小川一平東海大九州182/80右右300070066
育1小野寺暖大阪商業大183/82右右200300127
育2奥山皓太静岡大186/93右右200300128

 新人選手の横顔

ドラフト1位・西純矢選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆☆☆

球速をはじめ、変化球や制球力など全ての面で高いレベルにある投手で、即戦力と見ることができる投手。ただし、U18では奥川投手にやや差を見せつけられた所もあり、まだ伸びしろもある選手なので1,2年間はさらに大きくしてゆきたい所もある。甲子園のマウンドでも潰されない精神的な強さがあり、気持ちの強さも阪神向きで指名としては非常に良かった。打撃も注目され、出場する試合では9番ではなく6,7番を打ってもおかしくない。

ドラフト2位・井上広大選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆☆

甲子園で星稜の奥川投手からホームランを打つなど、右の大砲として期待できる。特徴は力みが無く素直に出てくる所で、まだ変化球の見極めには課題があるものの、残せるようになってくれば対応力のあるスラッガーになっていける。また、奥川投手からのホームランは外角高めの変化球をバックスクリーン左へ運んでいるが金属バットによるもので、この球をライト方向に放り込むようにしたい。

ドラフト3位・及川雅貴選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

中学から高校1年は完成度の高い左腕として活躍、2年時から球速が150キロ台に到達したものの、力みが見れらるようになり制球を乱すようになった。それを修正しようと試行錯誤をしているままドラフト会議を迎え、高校BIG4で唯一ドラフト1位指名ではなかった。フォームのアジャストは簡単ではないが、あるきっかけでパッと変わるくらいの能力と元々持っていた柔らかさがある。それをいつ掴むかがポイントで早ければ来年後半くらいには1軍に顔をだしてくるかもしれない。

ドラフト4位・遠藤成選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

投げては140キロ中盤、打っても通算45本という選手で、体のパワーを十分感じさせる。ただU18では打撃でも守備でも課題を見せており、ショートとしては動き的にやや厳しい所がある。サードや外野手として強肩を見せられる選手になり、打撃では速いボール球の見極めをできるようにして、思い切りの良さを出したい。ソフトバンク・松田選手のような形になれば良い。

ドラフト5位・藤田健斗選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

光る強肩に捕球のフットワークも良くなり、リードでも夏の甲子園で冴えを見せていた。対応力の高い選手で、性格的にも明るくコミュニケーションが取れる選手でキャッチャーとして適している。体はまだプロの体ではないため、筋力をつけて重くしてゆき、打撃で一定レベルを超える所まで行きたい。

ドラフト6位・小川一平選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

高校生の指名が続いた中で唯一の即戦力として、1年目から起用される場面が増えそうな感じ。フォームと投げる球筋の良い選手で、まずはリリーフから短いイニングで結果を残してゆきたい。大舞台の経験がまだ少なく、甲子園のマウンドで何が見えるかを得て、投手としてのポジションを決定したい1年となる。

育成ドラフト1位・小野寺暖選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

リーグでは中心選手でホームランも打てて遠投110mの肩に50m6.2秒の足もある。総合力が評価される中で、プレーを見てても特徴を説明しようとするとやや難しい所がある。支配下の壁、1軍の壁を乗り越えるために、首脳陣が説明できるような特徴を持ちたい。

育成ドラフト2位・奥山皓太選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

186cm87kgの大型だが50m5.9秒の足と、投手としても140キロを記録する強肩の外野手。3拍子右タイプだが体の大きさがあって見栄えのするので、他の外野手と一緒にプレーしていても、比較でも目立つことができるかもしれない。

阪神タイガースのドラフト指名予想
阪神タイガース、過去のドラフト指名一覧

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント