【2021新入団選手発表】阪神の新入団選手の推定年俸・背番号と活躍予想

2021年ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

阪神は2022年に入団する新人選手の発表を行った。選手の推定年俸、背番号、プロでの活躍する姿の予想などをします。

スポンサーリンク

阪神2022年入団選手一覧

順位選手名位置出身身長体重投打契約金年俸背番号
1森木大智高知高184/90右右10000120020
2鈴木勇斗創価大174/83左左7000120028
3桐敷拓馬新潟医療福祉大178/90左左6000100047
4前川右京智弁学園176/88左左400050058
5岡留英貴亜細亜大180/87右右400072064
6豊田寛日立製作所177/85右右350080061
7中川勇斗京都国際高172/72右右200048068
育1伊藤稜中京大178/86左左200300125

 新人選手の横顔

ドラフト1位・森木大智選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆☆☆

最速154キロの速球に威力がある右腕投手、パワーがあるがパワピッチャーではないものの、高さがあるが角度がある投手ではなく、最終的には変化球をうまく使った投手になるのかもしれない。制球、変化球を磨いて、右打者のインコースを攻めるような投手となりたい。

1年目はファームで20試合、3年目に1軍に出場する。

ドラフト2位・鈴木勇斗選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

注目された大学生左腕投手の中でも、左打者のインコースをビシビシ攻める攻撃型の投手。体は大きくないが、威力あるストレートをどんどん投げる。大学4年時は新型コロナの感染拡大の影響もあってか、チームが出場辞退した春だけでなく、秋も思うような投球ができていなかった。3年秋の横浜市長杯のような投球をプロでも見せたい。リリーフ左腕として活躍するタイプではないかと予想する。

1年目の後半からリリーフとして1軍で登板し20試合に登板する。

ドラフト3位・桐敷拓馬選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

150キロの速球と変化球が素晴らしく、三振数が多く、安打数が少ない投手。プロでどのくらいの球を見逃されるかがポイントとなるが、桑原投手の左版のような感じで得意の変化球が必殺球となれば、先発でもリリーフでも活躍できる。

1年目の最初からリリーフで登板し、終盤には先発の一角として投げ、合計6勝。

ドラフト4位・前川右京選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

スイング力があり、ライナーの打球でスタンドまで運ぶパワーがある。ただし、打撃はまだ未完成なところがあり、そして守備面ではまだそれほどアピールができないため、少し腰を落ち着けて打撃を強化してゆきたい。

1年目で2軍で80試合以上に出場、3年目にファームで2桁ホームランを記録し、後半に1軍に出場。

ドラフト5位・岡留英貴選手 期待度1年目:☆☆☆ 3年目:☆☆☆

サイドスローから150キロの力強い球を投げる。ストレートは高めがまだ多い。変化球は急成長をしているように見え、横からのスライダーは魅力がある。良い時と悪い時がある投手で、1年目の良い時は1軍でリリーフとして十分投げられる力がある。悪い時にどのような工夫をするかがポイント。

1年目からリリーフで20試合程度に登板。

ドラフト6位・豊田寛選手 期待度1年目:☆☆ 3年目:☆☆

パンチ力に加え、スピードもまずまずある外野手。打席で落ち着きがあり、投球をしっかり見れるが、仕掛けが遅い感じもする。長打力のある選手はプロでは多く、外野手のポジションも厳しくなる中で、特徴である打撃でアピールしたい。

1年目に1軍に20試合出場、2年目には1軍で打率.260、8本塁打。

ドラフト7位・中川勇斗選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆

リードとキャッチングに定評がある。まずは体を作り、その上でフットワークを磨くこと。打撃もパンチ力はあるが、プロでは捕手の守備の面でアピールをしたい。

1年目にファームで20試合出場、3年目にファームで60試合程度でスタメン出場。

育成ドラフト1位・伊藤稜選手 期待度1年目:☆ 3年目:☆☆☆

150キロの速球を投げる左腕投手で、モーションがオーソドックスだが、腕の振りよりも速く感じる。投げっぷりの良い左腕だが、パワーで押したり、変化球で空振りをバッタバッタと取るタイプではないので、先発で5回を抑えるような投手になるか。

1年目にファームで40回登板、2年目にファームの先発ローテで5勝をして支配下登録。

阪神タイガースのドラフト指名予想
阪神タイガース公式ページ 阪神タイガース関連のドラフト掲示板 阪神タイガースの過去のドラフト指名一覧 阪神タイガース/ドラフト最新記事 以前のニュースはこちら 補強ポイ...
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント