社会人野球に進んだ元プロ野球選手

社会人野球 プロ野球ニュース

西日本スポーツでは、プロ野球を戦力外となり社会人野球に進んだ選手の特集をしている。元千葉ロッテの矢地健人選手は、今年から新日鉄住金東海REXでプレーする。

今年から社会人でプレーする元プロ野球選手

矢地健人投手は高岡法科大時の2009年に中日から育成ドラフト1位で指名されてプロ入りし、2014年に戦力外となり千葉ロッテに移籍、2015年には千葉ロッテでも戦力外となったが、トライアウトなどを経て新日鉄住金東海REXから声がかかり、正社員で入団することが決まった。その時の模様は、毎年年末の恒例になってしまっているバース・デイの戦力外通告で特集されていた。

また、福岡ソフトバンクで戦力外となった細山田武史選手は、今年からトヨタ自動車でプレーする。細山田選手は鹿児島城西高校時代から長打の打てる捕手として注目され、早稲田大では正捕手としてチームを支え、3年時からは1年生だった斎藤佑樹投手、大石達也投手、福井優也投手のドラフト1位トリオをリードした。

2008年に横浜からドラフト4位で指名され、一時期は1軍の正捕手を務めるなどしたが、黒羽根選手などとのポジション争いに敗れ、2013年に戦力外となった。福岡ソフトバンクに育成選手として移籍し、その後支配下登録をされたものの2015年に再び戦力外となっている。

ソフトバンクからは球団職員として誘いを受けたものの、現役でのプレーにこだわり、誘いのあったトヨタ自動車でプレーする事を決めた。

 

社会人で活躍する元プロ野球選手

社会人野球では1999年から元プロ野球選手がプレーできるようになり、1チーム3人までの元プロ野球選手が認められている。また社会人野球で2年間プレーすれば、再びプロ野球チームに戻ることができる。

選手名所属チームプロチームドラフト
中田亮二JR東海中日2009年ドラフト3位 亜細亜大
野原将志三菱重工長崎阪神 2006年高校生ドラフト1位 長崎日大
加治前竜一三菱重工長崎巨人 2007年大学社会人ドラフト4位 東海大
岸敬祐三菱重工長崎巨人・千葉ロッテ2010年育成ドラフト2位 四国IL・愛媛
荻野忠寛日立製作所千葉ロッテ2006年大学社会人ドラフト4位 日立製作所
山本淳日立製作所埼玉西武2006年大学社会人ドラフト3位 TDK千曲川
川口盛外王子広島2009年ドラフト6位 王子製紙(現王子)
佐藤二朗ヤマハ東京ヤクルトブラジル
渡辺俊介かずさマジック千葉ロッテ2000年ドラフト4位 新日鉄君津(現かずさマジック)
加賀美希昇JR西日本横浜DeNA2010年ドラフト2位 法政大
日高亮九州三菱自動車ヤクルト、福岡ソフトバンク2008年ドラフト4位 日本文理大付

 

プロから社会人 野球が好きだから 西日本スポーツ紙面 2016/2/23

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント