島孝明

千葉ロッテの島孝明投手が引退を発表した。戦力外通告を受けた後、育成契約を打診されていた。

No Image
NPBが導入を検討している現役選手ドラフト(ブレークスルードラフト)の案が判明した。毎年8月に行われ、指名対象選手は球団側が選定するという。

村上宗隆

東京ヤクルトの2年目・村上宗隆選手が新人王を獲得した。19歳で36本塁打を放つ驚異的な活躍を見せての獲得だったが、当時のドラフト指名の経緯を担当の松田スカウトが語っている。

長谷川宙輝

東京ヤクルトが、福岡ソフトバンクの育成3年目・長谷川宙輝投手を獲得することが分かった。

尾形崇斗

福岡ソフトバンクの工藤監督は、秋季キャンプである投手に注目した。2017年育成ドラフト1位で指名を受けた2年目の尾形崇斗投手だ。

No Image
2019年のオフに戦力外通告を受けた選手、引退した選手の一覧です。10月23日更新。

埼玉西武がパリーグで2連覇を果たした。今年は菊池雄星投手、浅村選手といった投打の主力が抜けた状態での優勝で、チームの編成力の強さを見せた。

この日、Bクラスが決定した中日は、来年に向けてFA戦線に参入する可能性を見せており、千葉ロッテの鈴木大地選手、福岡ソフトバンクの福田秀平選手に興味を示しているという。

益田直也, 鈴木大地

この日、西武に敗れてCS出場の可能性がなくなった千葉ロッテだが、キャプテンの鈴木大地選手と、リリーフエースの益田直也投手がFAの行使を検討していることが分かった。

松坂大輔

中日の加藤球団代表は、松坂大輔投手について、「来年の契約は白紙」と話し、「彼がどう思っているのか聞かなければいけない」と話した。

スポンサーリンク
PAGE TOP