松本啓二朗

2008年のドラフト1位で、今年横浜DeNAを戦力外となり退団した松本啓二朗選手が、来年から新日鐵住金かずさマジックでプレーする事が分かった。

大野奨太

北海道日本ハムから中日にFA移籍した大野奨太捕手は、小さいころはドラゴンズファンで、地元でプレーする事が夢だったことを明かした。

埼玉西武は、FA権を行使して巨人に移籍した野上亮磨投手の補償について、人的補償を求めることを正式に決めた。

尾仲祐哉

阪神は大和選手のFA移籍に伴う人的補償で、横浜DeNAのドラフト6位ルーキー・尾仲祐哉投手を名簿が届いてからすぐに決定、全員の意見が一致して獲得を決めた。

大野奨太

中日は、北海道日本ハムからFA権を行使していた大野奨太捕手を獲得した。中日は今年のドラフト会議で広陵の中村奨成捕手を1位指名したものの獲得できず、別の方法で補強するとしていた。大野選手は2009年のドラフト1位。

中日が2014年の育成ドラフト3位で獲得した藤吉優捕手が、アマチュア野球復帰を望み退団した事を発表した。

斎藤佑樹

来年30歳を迎える斎藤佑樹投手も正念場を迎える。この日の契約更改で170万円減の1830万円でサインした。

平沢大河

千葉ロッテの平沢大河選手が、年俸60万円増の1310万円で契約更改をした。2015年のドラフト1位選手は来年3年目のシーズンは早くも正念場となる。

横浜DeNAは、FA宣言をしていた阪神・大和選手の獲得を発表、高田GMはショートが有力と話した。阪神は、人的補償を求める方針で、有望株の若い投手を狙う。

増井浩俊

北海道日本ハムからFA宣言をしていた増井浩俊投手が、オリックスに移籍することが決定的となった。福良監督が直々に出馬し交渉をしていた。

スポンサーリンク
PAGE TOP