千葉ロッテドラフト1位・石川歩投手が母校を訪問、プロ野球は大学から意識

石川歩

 千葉ロッテのドラフト1位・石川歩投手が富山県の滑川高を訪れ、高校時代の思い出と、ゆっくりしたマイペース持つ石川投手を見せた。

 

マイペース

 石川歩投手は滑川高校から中部大を経て東京ガスに進み、今年のドラフト1位で千葉ロッテに入団した。185cmの大型右腕として注目されながらも独自の道を進み、東京ガスでも3年間をかけて成長しドラフト1位投手となった。マイペースが持ち味の選手。

 この日も滑川高校を訪れ、後輩からの甲子園への思いを伝えられると、「ひとつでも多く勝とうと思っていたが、僕の時は正直、甲子園は無理だと思っていた」と話した。また、プロへの意識についても「プロを意識したのは大学から。高校では無理だと思い、野球をした思い出はありません」と話し、マイペースを貫いて、大学、社会人で徐々に成長していった事を話した。大器晩成といえる。

 また他にも、「自分は、あんまり自信をなくしたことはないです」や、高校での想い出で「失恋かな」と答えるなど、石川投手の性格が分かる回答をしていた。

 185cmの持ち前の身体能力を持っているからこその晩成型で、多くの高校生には参考にならないと思うが、こういうスタイルもある。プロでは1年目から結果を求められるものの、どのように成長していくのか楽しみだ。

 

  飾りのない受け答えに、おおらかな性格がにじみ出た。1年ぶりに滑川高を訪れた石川は、室内練習場を訪問。後輩からぶつけられた率直な質問に、ど真ん中のストレートで返答した。高校時代、野球以外のつらかったことを問われると「失恋かな…」と照れ笑いを浮かべ、投球に自信がないと悩みを打ち明けられると「自分は、あんまり自信をなくしたことはないです」「気分転換は部屋の掃除。調子のいい時は、きれいですね」などなど、ぶっちゃけトークを連発。甲子園への切実な思いに対しては「ひとつでも多く勝とうと思っていたが、僕の時は正直、甲子園は無理だと思っていた」と自然体で迷!?アドバイスを送った。

 高校時代は、のびのびと育った。「プロを意識したのは大学から。高校では無理だと思い、野球をした思い出はありません」とケロリとした表情。強制的な練習には無縁で、自主的にトレーニングに取り組んで体を強化。高校で燃え尽きることなく、大学、社会人を経て花を開かせた。遅咲きの選手人生だが、相山政則元監督(74)からは「メジャーリーグに挑戦してほしい。彼なら、何となく実現させると思わせるものを持っている」と教え子の背中を押した。本人は「考えたことなかったです」と応じた。


PAGE TOP