高野圭佑, 石崎剛

阪神の5年目右腕・石崎剛投手と、千葉ロッテの4年目右腕・高野圭佑投手の交換トレードが合意に達したと報道があった。響にも正式発表される模様で、場合によっては複数人のトレードとなる可能性もある。

安田尚憲, 砂川リチャード, 遠藤淳志

2017年の千葉ロッテドラフト1位指名・安田尚憲選手が2年目に向けて好スタートを切った。他にも広島・遠藤淳志投手、福岡ソフトバンク・砂川リチャード選手などが期待を集めている。

パナソニック, 金森敬之

今年、千葉ロッテを自由契約となった金森敬之投手が、パナソニックに進むことが分かった。

平沢大河

千葉ロッテの平沢大河選手が、年俸60万円増の1310万円で契約更改をした。2015年のドラフト1位選手は来年3年目のシーズンは早くも正念場となる。

田中英祐

2014年のドラフト会議で千葉ロッテからドラフト2位指名を受け、3年間プレーをし今年戦力外通告を受けた田中英祐投手が、三井物産に内定したことが分かった。

川満寛弥

千葉ロッテに2012年のドラフトで2位指名された川満寛弥投手が、今春から沖縄電力でプレーする。プロでの生活に「つらい時の方がおおかった」と話した。

オリックス・吉田正尚選手、千葉ロッテ・成田翔投手など2年目を迎える選手も大きく成長をしている。

千葉ロッテは2004年のドラフト5位で指名された大松尚逸選手や、2012年ドラフト2位の川満寛弥投手など5選手を来季の構想外とした。

No Image
千葉ロッテのサブロー選手が今シーズンで引退する。PL学園の大村三郎選手として注目され、ドラフト会議で指名された1994年ドラフトは逆指名ドラフト序盤の不安定な時だった。

千葉ロッテより戦力外となり、自由契約または任意引退をした選手の進路をまとめます。

スポンサーリンク
PAGE TOP