FA選手獲得にヤクルト、巨人が動く

東京ヤクルト球団ニュース 巨人球団ニュース

 FA公示されたのは8選手、その中で東京ヤクルトが今年の主役となりそうだ。

8選手が公示

公示されたのは以下の8選手

国内
海外
選手名球団推定年俸ランク交渉球団、希望など
海外鳥谷敬阪神3億円Aメジャー移籍
国内能見篤史阪神1憶5000万円B阪神残留
海外小谷野栄一北海道日本ハム7000万円Cオリックス、埼玉西武
国内大引啓次北海道日本ハム7000万円B東京ヤクルト、オリックス、東北楽天
海外金城龍彦横浜DeNA4000万円C巨人
海外相川亮二東京ヤクルト1億1000万円B巨人
国内成瀬善久千葉ロッテ1憶4400万円B東京ヤクルト、オリックス
国内金子千尋オリックス2億円Aポスティングによるメジャー移籍

 

 能見投手は阪神に残留することを決めており、鳥谷選手はメジャーリーグを視野に、また金子投手もポスティングによるメジャー移籍を目指す。

 

東京ヤクルトが主役か

 東京ヤクルトがいち早く動きそうだ。成瀬投手と大引選手の獲得に向けて、交渉解禁となる今日にも真中監督も出馬しての交渉を行うとのこと。先発投手、そして遊撃手に課題のあったチームにとって、共に獲得したい選手だろう。

 ただし、成瀬選手にはオリックスが、大引選手もオリックスや東北楽天が獲得に興味を見せている。成瀬投手は在京球団志望という事で東京ヤクルトへの移籍が濃厚とみられる。

 

巨人も動く

 例年FAで主役となる巨人だが、今年は金子投手がメジャー移籍の気持ちが強いようで積極的ではなかった。それでも阿部選手がファーストへ転向する事もあり相川捕手を、また手薄となっている外野手として金城選手の獲得を目指す。他に獲得に乗り出している球団が無い事から、獲得は濃厚とみられる。

 大物選手が海外移籍を希望し、また巨人や福岡ソフトバンク、阪神といった球団が動きが大人しかった事から、やや静かなFA解禁となりそうだ。ただし3球団とも補強は十分とは考えていないだろう。外国人の獲得もあるだろうが、大型トレードの可能性もでてきそうだ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント