仙台育英がサヨナラ勝ち、馬場皐輔投手が熱投し熊谷敬宥選手が4安打2打点、上林誠知選手はチャンスで打てず

上林誠知, 仙台育英, 熊谷敬宥, 馬場皐輔

 仙台育英vs浦和学院の1回戦屈指の対戦は、3回までに9-6となる予想外の展開となった。

 仙台育英は宮城大会で安定感を見せていた鈴木投手が先発し、初回に1失点したものの6点をもらい余裕のあるピッチングができるかに見えたが、浦和学院打線の重圧と甲子園の雰囲気からか、3回に7安打を集められて8失点し降板する。

 しかしリリーフした146km/h右腕の馬場皐輔投手が好投を見せる。140km/h台のストレートを外角低めに決めるなどコントロールも良く、打ち取る毎に雄叫びを上げる熱血投球で浦和学院打線を4回以降1失点に抑えた。馬場投手は宮城大会決勝で初回に5失点するなど不安定な面も見せていたが、甲子園で安定感のあるピッチングを見せるのは素晴らしい。

 打撃では1番遊撃手の熊谷敬宥選手が4安打2打点と活躍し、ショートの守備でも俊敏な動きとスローイングを見せると、9回表は低めのショートライナーを候補し9回裏にレフト線へサヨナラタイムリー2ベースヒットを放った。巧打、パンチ力、ショートの守備と抜群の活躍だった。ドラフト候補として名前が挙がる選手だがそれほど評価が高いということはなかった。この大会の活躍で気になる選手になりそうだ。

 一方、プロ注目のスラッガー・上林誠知選手は小島投手が本気の投球をしてきたとはいえ、自分のバッティングができていなかった。手首だけで打ち返そうとしたりボール球に手を出すなど、高い打撃センスが仇となった形だ。1回と8回のノーアウト満塁で回った打席でも三振に打ち取られてしまった。結局5打数ノーヒット3三振に終わり、チームのサヨナラ勝利にも心から喜べていない感じだった。

 センバツでもワンバウンドの投球をヒットするなどストライクゾーンが広い選手だが、手元まで引き付けて特大弾を放つ時もあり、打撃の型が多い選手かもしれない。対小島の型は不発だったが、次戦では自分の打席を見せて欲しい。

 白球が快音を残して左翼線に飛んでいく。熊谷のこの日4安打目となる二塁打で、一塁から小野寺俊之介が巨漢を揺すって一挙に生還。サヨナラだ。「自分が決めてやろうと思っていた。本当にうれしいです」。宮城大会で打率1割台と不振だったリードオフマンが、死闘にピリオドを打った。

 昨秋の神宮大会王者のたくましさを見せた。3回に一挙8点を奪われ再逆転を許したが、宮城大会の準々決勝と決勝でともに初回の5失点をはね返したナインは動じなかった。「挑戦者の気持ちを忘れずに戦えました」と熊谷。不屈の魂で浦和学院の偉業を阻んだ。

 チーム全員でつかんだ白星だ。ドラフト候補のスラッガー・上林誠知は、5打数無安打3三振に終わった。特に、初回と8回は、無死満塁の好機でともにバットが空を切った。それでも、ベンチでは誰からともなく「誠知は1回戦に弱いから、みんなで助けようぜ」と声が飛んだという。スロースターターの主将は「このチームは自分だけじゃない。周りにも素晴らしい選手がいる」と仲間に頭を下げた。

 さいたま市出身の上林にとって、地元の強豪でセンバツ王者でもある浦学は、どうしても戦いたい相手だった。厳しい規律で知られる浦学を避け、自主性を重んじる仙台育英に進学しただけに「あのときの決断が間違いじゃなかったと証明できました」。最高の笑顔がはじけた。

 今秋ドラフト候補の仙台育英4番・上林は5打数無安打で3三振を喫した。

 高校通算23本塁打を誇る左のスラッガーだが、小島に完璧に封じ込まれ「ストレートに伸びがあると聞いていたが、予想以上だった」と驚きを口にした。出身は埼玉県で中学時代は浦和シニアに所属していた。地元のチームとの対戦に「やりづらい面があった。意識しすぎた部分がある。勝ち上がるにつれて打てればいい」と力を込めた。

仙台育英・馬場、サヨナラ呼び込む力投  - サンケイスポーツ:2013/8/11

 第95回全国高校野球選手権大会第3日(仙台育英11x-10浦和学院、10日、甲子園)仙台育英は2番手で登板した馬場の力投がサヨナラ勝ちを呼び込んだ。三回途中からマウンドに上がり2点を失ったが、五回以降は無失点で8三振を奪った。「県大会は不調で仲間に助けてもらってばかり。何とかお返しができた」と胸をなで下ろした。

 打者を抑え、体全体で喜びを表すたびにスタンドが沸いた。背番号10の右腕は「ほえまくって投げた。けっこうオーバーアクションでしたね」と照れた。


PAGE TOP