【高校野球】福岡大会:ドラフト注目度A

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 夏の高校野球福岡大会の組み合わせが決まった。プロが上位で獲得を狙う捕手2人がおり、また150km/hを記録したといわれる西日本短大付・小野郁投手が最後の夏にどんなピッチングをみせるか。ドラフト注目度は全国屈指のAランク。

地区

 昨年は自由ヶ丘が優勝、秋は九州国際大付、今春は東福岡と強豪が入れ替わる戦国時代となっている。その中で西日本短大付は優勝は無いが、昨秋、今春と準優勝している。

 エースの小野郁投手は150km/hを記録しいよいよ最後の夏を迎える。調子を整えて登板すればコントロールも安定するようになった。後は連投でコントロールを乱す事無く投げられるかが優勝の鍵となる。

 またプロ注目選手に下級生も実力者を揃える九州国際大付は若生監督が今大会をもって勇退する。選手たちの想いは強いだろう。この九州国際大付と西日本短大付、さらに福岡工大城東、飯塚、福岡大大濠が同じブロックに入り、2回戦に勝ち上がれば九州国際大付vs飯塚というカードの可能性もある。厳しい戦いが予想される。

 

プロ注目選手

 小野郁投手は福岡ソフトバンクなどが注目をしている。身体もそれほど大きくない事や、課題もいくつかあるためドラフト上位というよりは、下位または育成で獲得し育ててゆきたい投手でもある。

 プロが注目するのが捕手で、九州国際大付の清水優心選手と、福岡工大城東の山川晃司選手はドラフト上位にも入ってくるかもしれない選手。共に184cmの大型捕手であり長打力もある。期待は高い。

 九州国際大付には清水選手の他に、高校通算24本塁打でプロ注目の遊撃手・古澤勝吾選手、プロ野球で監督としても活躍した山本功児氏の長男で2年生の山本武白志選手などの打線は強烈で、投手も3年生で左腕の安藤幸太郎投手、右腕のジャーマイアス賢三アドゥワ大投手、2年生の左腕・富山凌雅投手など140km/hを超す投手達が揃う。

 

他の注目選手

 東福岡は東北楽天・森雄大投手(2012年ドラフト1位)の弟・森翔平投手が活躍し春優勝を果たした。好投が期待できるが球速としてはまだまだ。しかし183cmの大型選手で50m6.1秒という運動神経があり、投手としても野手としてもあるタイミングで急成長するかもしれない。

 筑陽学園の笹渕塁嗣投手は188cmの右腕、福岡大大濠の栗原雄大投手は190cmの右腕。共に球速は最速で130km/h台とまだ成長途上だが、将来も含めて楽しみな選手。

 

ガッツで聖地へ、九国大付・古沢 - 西日本スポーツ 2014/6/21

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント