【高校野球】福島大会:ドラフト注目度B

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース

 高校野球福島大会、昨年に聖光学院の県内連勝が止まった。それでも春は再び優勝した王者に対し、148km/h右腕・大和田啓亮投手の日大東北などが再び牙を向く。昨年は園部聡選手等が注目されたが、今年も注目されている投手は多く、ドラフト注目度はB。

地区

 夏は聖光学院が7年連続出場中、昨年秋は日大東北が優勝、今春は聖光学院が王者に返り咲いた。やはり聖光学院が中心となる。

 日大東北は力を出せれば聖光学院と互角の勝負ができるだろうが、大和田啓亮選手が投打に中心となっており、春は県大会では2試合連続完封など好投も東北大会ではまさかの5回10失点、やや不安な面をのぞかせた。

 

プロ注目選手

 日大東北の148km/h右腕・大和田啓亮投手は全国屈指の速球派、174cmと小柄なためドラフト上位評価は難しいかもしれないが、打撃でも注目されており将来はどちらでプレーしているかも気になる。

 投手としては大和田投手と同じかそれ以上に評価されそうなのが、小高工の菅野秀哉投手で183cmから143km/hを記録。綺麗なフォームにプロのスカウトも絶賛をしている。

 

その他の注目選手

 聖光学院には逸材が多い。昨年2年生ながら甲子園で活躍を見せた左腕の石井成投手、春はエース番号を譲ったもののプロ注目の左腕である事は間違いない。キレの良いストレートと昨年以上の球威を見せてほしい。また控えの梅田誉大投手は183cmの左腕で、素質は梅田投手の方が上という声もあり、将来が期待される。

 福島工の持地克哉投手は荒々しいフォームながら180cmから141km/hの力のある球を投げる。プロ6球団のスカウトが注目しており、夏は再びスカウトが集まるだろう。福島高校の松下圭太投手も181cmから142km/hを投げ、将来が楽しみな投手。

 野手では日大東北の深谷浩太選手が内野手、外野手でプレーし50m6.0秒の足を活かしたフットワークの良さを見せる。強肩と力強いバッティングもあり注目される。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント