【高校野球】埼玉大会:ドラフト注目度B

小島和哉, 上條将希, 守屋元気, 長野創太, 藤野翔希, 岡田拓也

 高校野球埼玉大会、本来ならば昨年センバツ優勝チームの浦和学院や花咲徳栄、春日部共栄などを中心に注目選手が出てくるのだが、小島和哉投手の調子が上がらず、野手も昨年のような迫力のある選手が少ない。それでも各高校に好選手がおりドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は浦和学院が完全試合を達成し、決勝では川越東を16-1で破るなど大勝した。昨秋は花咲徳栄、春は浦和学院が優勝した。花咲徳栄などの私学も強いが、今年は特に絶対的な私学がいない事から公立に注目が集まるかもしれない。

 

プロ注目選手

 浦和学院の小島和哉投手の成長を期待していたスカウトは多いと思う。2年時は球速こそ130km/h台だったが抜群の球のキレがあり、体が大きくなって球速が出てくれば左の注目投手になる可能性もあった。

 しかし、昨年夏の甲子園で制球を乱すなどやや伸び悩みもあった。それでも球速は140km/h台に乗せてきている。最後の夏にどんなピッチングを見せるか注目したい。

 最もプロが注目しているのは春日部共栄の守屋元気選手。昨年秋の準々決勝で3ベースヒットにホームランなど、2ベースが出ればサイクルヒットという活躍を見せ、また肩でもほとんど盗塁を許さないと評価を受けている。

 

その他の注目選手

 川越東の長野創太選手は184cm86kgの立派な体格の捕手で、素早い送球で守屋捕手に劣らないと評価されており、プロも注目しているようだ。昨年決勝まで勝ち進んだ立役者の一人として、今年はあと一歩届かなかった甲子園を目指す。川越東では藤野翔希投手も180cmを超す長身投手で137km/hを記録している。

 市立川越の上條将希投手は最速146km/hを投げる左腕、171cmと小柄だが埼玉NO1投手との声もある。秋は51回2/3を投げて65奪三振、この夏も奪三振ショーが見られるか。

 昨年秋に浦和学院を破った本庄一は168cmの岡田拓也選手が楽しみ。小柄ながら通算30本を超すホームランを放ち、50m5秒台の足もあるようだ。


PAGE TOP