常葉菊川の二塁手、堀慶一朗選手が国士舘大に推薦合格

常葉菊川, 堀慶一朗

常葉菊川でセカンドを守り甲子園にも出場した堀慶一朗選手が、国士舘大に推薦合格した。

静岡大会で打率.444、2本塁打

堀慶一朗選手は172cm64kgと小柄だが、常葉菊川で2年生の夏で背番号4をつけセカンドを守ると、3年夏の静岡大会では打率.444に2本塁打を記録するパワーも見せた。出場した甲子園では6番セカンドで出場し3打数1安打、秀岳館に初戦で敗れていた。「入学した当時は、みんなすごくて不安でしたが、このメンバーでレギュラーをとれたことは自信になりました」と堀選手は話す。

堀選手は国士舘大の21世紀アジア学部のスポーツ推薦入試に合格し、来年から東都リーグでプレーする。

大学では木のバットでもホームランが打てるようにまずは体づくり、体重も75kg以上までなれば強い打球も見せられそうだ。今のフットワークを活かした守備も磨いて、さらに上のステージを目指してほしい。

ちなみにチームメイトだったフルスイングで45本塁打の栗原健選手は亜細亜大に進学するようで、東都リーグではまず1部に昇格して栗原選手と対戦して欲しい。

常葉菊川高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

今夏の県大会は打率4割4分4厘、2本塁打と打撃でも実力を発揮した。「入学した当時は、みんなすごくて不安でしたが、このメンバーでレギュラーをとれたことは自信になりました」。


PAGE TOP