2017年ドラフト候補、高校生・近畿編

岡田悠希, 太田英毅, 神村月光, 安田尚憲, 山内響, 福元悠真, 山本ダンテ武蔵, 猪田和希, 若林将平, 竹田祐, 後藤克基

2017年のドラフト候補の紹介、今日は近畿の高校生編です。

2016年は

今年は履正社の寺島成輝投手と大阪桐蔭の高山優希投手の両左腕が注目され、両校はその2年夏の大阪大会初戦で激突するなど因縁の対決となった。履正社は大阪桐蔭の壁に跳ね返されていたが、今年は春の大阪大会決勝で勝利すると、夏は履正社が大阪代表の座を獲得した。両左腕は寺嶋投手が東京ヤクルトの1位、高山投手が北海道日本ハムの4位と差が開いた形となったが、プロでは二人の対戦に期待をしたい。

その他では須磨翔風の才木浩人投手が阪神のドラフト3位で、近江高校の京山将弥投手が横浜DeNAの4位で、京都翔英の石原彪選手が東北楽天のドラフト8位で、京都国際の清水陸哉選手が福岡ソフトバンクの育成ドラフト5位で指名され入団した。履正社の山口裕次郎投手は北海道日本ハムの6位で指名されたものの、指名順位次第では社会人のJR東日本入りを決めており、入団交渉をしたものの、決意は変わらなかった。

注目選手

履正社の安田尚憲選手は、早稲田実の清宮選手とともに注目される左のスラッガーで、187cm85kgの体と高校通算44本塁打のパワーが光る。全国の舞台での活躍で清宮選手が先を行っていたが、明治神宮大会決勝では清宮選手の後にホームランをしっかりと放ち、互角であることを印象付けた。履正社では4番の若林将平選手も迫力ある打撃を見せ、竹田祐投手は182cm83kgから145キロの速球を投げる。

龍谷大平安の岡田悠希選手も181cmの左のスラッガーで、1年春から期待をされている。しかし2年時は気のゆるみなどを原田監督に指摘されレギュラーを外されるなど試練もあった。来年は大きく飛躍し、安田選手に食らいつきたい。チームにはサイドスローの石見雄大投手、181cm81kgの左腕・増田裕哉投手、180cmの右腕・水野竜成投手などもいる。

智弁学園の太田英毅選手と福元悠真選手も注目が集まる。2年春にレギュラーで主軸として甲子園の優勝に貢献、太田選手はアベレージも残せる選手として、福元選手は一発長打のある怖い打者として活躍を続けている。ドラフト指名は今のところまだギリギリという感じで、来年、あと一歩の押しの活躍が欲しい。智弁学園では投手の松本竜也投手も成長し大阪桐蔭から11三振を奪った。

強豪校

大阪桐蔭は、もう一つ抜けてきていないが素晴らしい素質を持った選手がそろう。香川麗爾選手は投打にしなやかさのある選手で、徳山壮磨投手は181cmから142キロを投げる力があり、山本ダンテ武蔵選手は豪快なパワーを持つ。突き抜ける活躍を見せてほしい。

滋賀学園は2年生エースとして活躍した神村月光投手が144キロのキレの良い球を投げ、それをリードする後藤克基捕手は172cmながら高校通算26本塁打で推定140m弾を放つなど長打力が光り、足もあって1番を打つ捕手。廣田怜央選手も184cm84kgの右のスラッガーで爆発に期待したい。また嶋澤太一投手も180cmで136キロを投げるがキレは神村投手に匹敵するという。

神戸国際大付の猪田和希捕手もフルスイングと強肩に定評があり、投手としても137キロを記録する肩の強さにプロ4球団が注目する。猪田捕手がリードする岡野佑大投手、黒田倭人投手も小柄だがキレのある球を投げる。報徳学園の西垣雅矢投手は182cmからの角度のある球を投げ、被安打数が少なく三振が多い。

その他の注目選手

近大付の千代七世投手は182cmから142キロを投げる右腕、東洋大姫路の山内響投手は183cmから145キロの速球を投げる。興国高の植田健人投手は179cmの右腕でコントロールのある140キロを投げる。奈良大付の大西健太投手は足の故障をしていたが秋は復活の球を見せている。

御所実の山切慎也選手は力強いスイングを見せる右のスラッガー、太成学院の田中祐真選手は通算30本塁打目前のホームランを放ち、守備や足も魅力。関西学院高の谷山敬太郎選手は小柄ながら豪快な打撃がある。

関西学院高の高木駿投手は2年夏に明石商との対戦で5回まで無失点と好投しプロスカウトが注目した。京都八幡高校の森本祥平投手は185cmのサイドスローで145キロを投げるとのこと、関西中央の稗田亮太投手も182cmから142キロの速球を投げる。

津名高校の村上大芽投手は140キロを記録し急成長をしている。社の吉田光一投手は吉田凌投手(オリックス)のいとこで、173cmながら140キロの速球を投げる右腕。

2017年度-高校生-近畿のドラフト候補リスト


PAGE TOP