熊本工・山口翔投手は6失点も西武、中日、阪神など5球団注目

熊本工, 山口翔

熊本招待試合では熊本工と慶応高が対戦し、149キロ右腕の熊本工・山口翔が最速148キロの速球を見せた。

5回6失点

山口翔投手は最速149キロの速球を投げるものの、センバツでも智弁学園に9回9失点と、球が全体的に高めに来るなどまだ粗さがあり、その速球を生かした投球が全国レベルだとみられない。

この日も慶応高校打線に5回までに8安打を許して6失点、5回途中に打球を左太ももに受けた事もあり、この回で降板した。山口投手は「思うように踏ん張れなかった」と話した。この日、慶応高は森林監督が「高めを捨てて低めのストレートを狙おう」と高めに抜ける球が多い山口投手対策を立てて臨んでいた。

この日も埼玉西武、中日、阪神など5球団が視察し、関東の強豪・慶応高との対戦に注目した。力のある球があるものの、もう一皮むけてほしい所は、まだこの日も変わらなかった。それでも素質の良さは高い評価を受けており、プロで磨ける選手とスカウトは判断しているとみられる。

この夏までに、149キロの速球を生かしたピッチングを見せられれば、ドラフト上位にも入ってくる。それができなくてもドラフト3位以降で指名される投手だと思う。この夏のピッチングに期待したい。

山口投手はこの日の1戦目、早稲田実vs秀岳館の試合をスタンドで観戦し、清宮選手などに、「プロ野球を見ているみたいだった。歓声を受けていてうらやましい」と話した。山口投手も将来、プロで歓声を浴びる投手になってほしい。

2017年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト

2017年度-高校生-熊本県のドラフト候補リスト

試合は2-6で敗れ「思うように踏ん張れなかった」と唇をかんだ。


PAGE TOP