2018年ドラフト候補、高校生北海道編

北海道栄, 柴田颯, 蠣崎龍, 才木海翔, 石橋翔, 武修館, 菊地吏玖, 沼田翔平, 土田颯樹, 三浦大夢, 野林大晃

2018年のドラフト候補紹介、北海道の高校生選手編です。

2017年は

北海高校の川村友斗投手が2年夏の甲子園で活躍を見せるなど注目されたが、同じ北海高の阪口皓亮投手が、3年夏の甲子園で衝撃的な投球を見せ、横浜DeNAにドラフト3位で指名された。

注目選手

最も注目しているのは北海道栄の才木海翔投手。180cm62kgとまだ線が細いが、キレの良い速球とスライダーを投げ、球速も143キロを記録する。三振を奪える球筋で、球速を140キロ後半に乗せてくれば、ドラフトでも注目される投手になりそう。

武修館の石橋翔選手は、投げては145キロを記録し、打撃でも4番として夏から活躍、スイングスピードでも146キロを記録している。北海道大会では投球が乱れて自滅したが、冬の成長に期待したい。

その他の逸材

札幌大谷の菊地吏玖投手は、183cm83kgと体ができている。球速138キロはまだ伸びてくると思う。札幌日大の蠣崎龍投手は190cm82kgの右腕で、球速は130キロ中盤だがこちらも成長に期待。旭川大高の沼田翔平投手は175cmだが最速145キロを記録する。

打者では札幌第一の柴田颯選手がU15代表時から注目され、高校1年で札幌第一の4番を打つ。身体がまだ大きくなくこのオフに作り上げたい。

旭川龍谷の土田颯樹捕手はセカンドまで1.9秒台の送球に足もあり、打撃でもパワーを見せる。また三浦大夢選手は身長は168cmと高くないが、秋の北海道大会で2試合連続ホームランを放った。パワーに加え50m5秒台の足に肩もあり、3拍子揃った選手。

札幌白石の野林大晃選手は、投げても135キロを記録し遠投120mの強肩外野手、50m6.1秒の足もありホームランも放つ。楽しみな選手。

2018年度-高校生-北海道のドラフト候補リスト


PAGE TOP