プロ注目右腕・松山聖陵の土居豪人投手、中央学院の大谷拓海投手が甲子園マウンドを踏む

松山聖陵, 大谷拓海, 中央学院高, 土居豪人

センバツ大会に向けた甲子園練習では、今大会で注目の右腕、松山聖陵の土居豪人投手や、中央学院の大谷拓海投手が登場し、甲子園のマウンドを踏んだ。

憧れのマウンド

松山聖陵の144キロ右腕・土居豪人投手は甲子園のマウンドに立ち、ストレートをのみ5球を投げた。「緊張した。思ったより近く感じて、投げやすかった」と話した。また、中央学院の145キロ右腕・大谷拓海投手も甲子園のマウンドで10球を投げ、「投げやすかった。傾斜が中央学院のマウンドに似ていた」と話した。

土居投手は190cmの長身から最速144キロの速球にカーブ、フォークなどの変化球を投げ、昨年秋は四国大会で好投を続けて、プロ複数球団が注目をしている。この冬はフォーム固めを行い、さらに球威が増しているという。初戦は6日目の第3試合、近江戦、「自分のピッチングをしたい」と話した。

大谷投手は180cmから最速145キロの速球を投げる。捕手の池田選手が「インコースの真っすぐが成長した。シュート回転しなくなった。イン・アウトを投げ分けられるようになり、リードしやすくなった」と話し、さらにチェンジアップ、カットボールも習得して打たせて取るピッチングができるようになった。こちらも成長をしている。

また大谷選手は打撃でも二刀流として注目される。この日は打撃ではファウルが多く、「チップが多かった」と反省もしたが、秋の明治神宮大会で見せたような逆方向へのホームランを甲子園でも見せてスタンドを沸かせたい。

大会で注目右腕となる二人、どのような投球を見せるのか非常に楽しみ。

土居は直球だけを5球、感触を確かめるようにゆったりとしたフォームで投げて「緊張した。思ったより近く感じて、投げやすかった」と笑顔で振り返った。

 長身から投げ下ろす直球は最速144キロ。カーブ、チェンジアップ、フォークなど変化球の落差も大きく、その投球スタイルは16年ドラフト5位で広島入りした先輩右腕・アドゥワ誠投手とも比較される。

「初めて投げ、捕手の(捕球)音がすごく鳴った。グラウンドは大きいけど、平常心でいけた」

 昨秋の明治神宮大会2回戦(初戦)で明徳義塾(高知)に3-5で敗れた後、下がり気味になっていた腕を上げた。これで回転の軸が横から斜めになり、シュートする直球が激減。制球力がアップした。打者としてのシート打撃ではファウルが多かったが、投球練習では笑みが浮かんだ。


PAGE TOP