東邦、不完全燃焼、扇谷莉投手は制球できず4回途中降板

高校野球ドラフトニュース 2018年ドラフトニュース

能力の高い選手が揃っていた東邦高校だったが、花巻東の田中投手の遅い球に抑えられ、先発した注目の146キロ右腕・扇谷莉投手も、課題の制球難を克服できておらず、初戦で姿を消した。

乱調

146キロを記録する扇谷莉投手は、188cmの長身右腕という事もあり、今大会注目投手の一人だった。制球に課題があり、その課題がどこまで良くなっているかがポイントだった。

しかしこの日、先発のマウンドで先頭打者にいきなり死球を与えると、3番にも四球を与え、味方の守備のリズムが悪くなったのか、エラーも絡み失点、2回は死球を与えたものの併殺に打ち取り3人で終わり、3回も四球を与えたが無失点、しかし4回、先頭打者に四球を与えたところで降板を告げられた。3回0/3を投げて5四死球、ノーヒットだったものの2失点、奪った三振は2つだった。

球速は140キロ前後、球筋の良い球もあったが、良い球の割合がまだ低く、首で反動をつけて肩で投げるようなフォームで、まだまだ時間がかかりそうな印象だ。「悔しいの一言。甲子園は甘くなかった。一からやり直したい」と話し、夏に目を向けていた。

遅い球に

東邦高校の打線もプロが注目する選手も多かったが、花巻東の田中投手の120キロ台の投球に翻弄された。5番の梅田選手は2三振を奪われたが、「遅かった。全然来なかった。いつもは見逃す球を振ってしまった。自分たちの力を出し切れなかった」と話した。

またすでに注目されている2年生の4番・石川昂弥選手も4打数ノーヒット、「あそこまで遅い投手と対戦した事はない。崩され、修正できなかった」と話した。

優勝候補にも挙げられた東邦だったが、相手の手玉に取られた。夏はいろいろな投手にも対応できる打線になって、再び甲子園に姿を見せたい。

東邦高校のドラフト候補選手の動画とみんなの評価

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント