明徳義塾と星稜が対戦、明治神宮大会初日

明徳義塾, 星稜高

今日から明治神宮大会が始まる。高校の部では四国代表の明徳義塾が北信越代表の星稜と27年ぶりに公式戦で対戦する。

松井秀喜5敬遠以来

明徳義塾と星稜の対戦は、1992年夏の甲子園で星稜の松井秀喜選手を5敬遠し明徳が勝利して以来、27年ぶりの対戦となった。明徳義塾は当時も監督をしており、社会問題となった事で批判も受けていた馬淵監督が指揮を執り、星稜はその試合で2番ショートで出場していた林監督が指揮を執る。

馬淵監督は試合前日のこの日、取材に応じると「みなさんが注目するほどのゲームじゃない。勝手に注目して、話題が少ないんかなあ」と話した。明徳義塾は左のエース・新地智也投手と主軸の元屋敷大誠選手が安定しているチームで、四国大会ではさすがの強さを見せて勝ち上がった。

対する星稜は奥川投手などが抜けたものの、ショートやキャッチャーとして注目される内山壮真選手、力のある球を投げる寺西成騎投手や荻原吟哉投手などがいるスター軍団に近いチームとなっており、馬淵監督の鋭い目によって分析がされていると思うが、本番は来年のセンバツ、または夏の甲子園という感じだろうか。

林監督は馬淵監督について、「覚悟があってされたことだし、徹底する力が凄い」と話した。二人は会話をしたというが、「あんまり打つなよと言われましたが、そんな力はないですと言いました」と話した。

明治神宮大会も50回の記念大会となった。平成の高校野球が終わり、令和の高校野球が始まっている。

明治神宮大会(2019)1日目の対戦カードと注目選手


PAGE TOP