早鞆の146キロ右腕・渕上竜椰投手が2回無安打4奪三振、9球団14人スカウト視察

高校野球ドラフトニュース 2020年ドラフトニュース 巨人ドラフトニュース

山口県高校野球大会では、山口NO.1右腕の早鞆・渕上竜椰投手が登板し、144キロを記録した。

スポンサーリンク

9球団14人スカウト視察

早鞆の渕上竜椰投手は、180cm86kgの体から最速146キロを記録する投手で、山口NO.1右腕と注目される。

この日は11点をリードした4回に登板すると、最速144キロを記録したストレートと得意のチェンジアップで2回をノーヒット、4奪三振に抑え貫禄の投球を見せた。「コントロールを中心に考えた。良くも悪くもなく、いつも通り」と話した。

早鞆は元ダイエーのドラフト1位投手・大越監督が指導をするが、投手としての技術的なことはほとんど教えていないと言い、メンタル面を主に指導しているという。渕上投手について「成長している。状況を見て投げられるようになっている。上手く力も抜けて余裕が出てきた」と、この日も精神的な面の成長を評価していた。

この日は9球団14人のスカウトが視察に訪れたが、巨人の渡辺スカウトは「思いっきり投げているわりにはコントロールがいい」と評価し、総合的な面を評価した。

渕上投手は「プロ一本です。育成でも入りたい」と話す。プロ入りに向けてどんどん前進している。

山口県高校野球大会(2020)の注目選手:ドラフト注目度B
山口県高校野球大会はの注目選手を紹介します。
2020年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

両チームが静まりかえった。プロ注目の渕上は大量11点のリードを背負った4回に登板し、2回4奪三振の完全投球で試合を締めた。最速は144キロをマークしたが、「コントロールを中心に考えた。良くも悪くもなく、いつも通り」と冷静だった。プロ9球団14人のスカウト陣が視察する中、堂々の投球。巨人の渡辺スカウトは「思いっきり投げているわりにはコントロールがいい」と評価した。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント