九州国際大付1年・佐倉侠史朗選手がホームラン、来年センバツは西の佐倉・東の佐々木に

高校野球ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

秋季高校野球九州大会では、九州国際大付が明豊との準々決勝で13-0の5回コールドで圧勝し、センバツ出場を決めた。

スポンサーリンク

西の佐倉

明豊の1年生エース・森山塁投手を攻略し、3回までに8-0とリードした九州国際大付は、4回に1年生の佐倉侠史朗選手がライトスタンドへのホームランを放った。

佐倉選手は182cm106kgの大型選手で、この日は4番ファーストで出場し、3回にセンター前ヒットを放った。1回戦は4打数ノーヒットに終わり、「ホームランばかり狙っていた。低く強い打球を打とうと思った」と話すが、楠城監督も「力んでいたから、いい加減に振れと言った。センター前が伏線になったね」と話すように、1本ヒットが出たことで4回のホームランとなった。

試合は13-0で圧勝しセンバツ出場が当確となったが、佐倉選手は「東の佐々木、西の佐倉と呼ばれるようにやっていきたい」と話す。東の佐々木とは、同じく1年生で183cm117kgの体から、すでに高校通算47本塁打を放っている花巻東の佐々木麟太郎選手だ。

その花巻東もセンバツ出場を決めており、センバツでは東の佐々木、西の佐倉と注目される。佐倉選手は高校通算はまだ6本だが、今大会、そして来春までにホームラン数を伸ばしたい。

2023年度-高校生のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します

佐倉には、刺激を受けているバッターがいる。今秋の東北大会で優勝した花巻東の佐々木麟太郎(1年)。1メートル83、117キロの大型内野手で、高校通算47発を誇る。「東の佐々木、西の佐倉と呼ばれるようにやっていきたい」と意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2021 Draft home page

コメント