プロ注目の平塚学園・伊藤要投手、球速アップで甲子園出場へ

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

最速140キロの速球を投げ、プロが注目する伊藤要投手は、来年の甲子園出場への思いを語った。

スポンサーリンク

今夏もエース

伊藤要投手は180cm80kgの右腕投手で、最速は140キロを記録し、来年のドラフト候補として注目される。今夏も2年生ながら背番号1をつけてエースとして投げていたが、3回戦の日大藤沢戦で3回まで6−1とリードするも、4回に突然乱れて3失点、その後、チームも逆転され6−10で敗れた。3年生の夏を終わらせてしまった。自分の力のなさを痛感した」と話す。

そして、「春までに球速も上げていきたい」と来年までに球速アップをし、「課題を克服していって、甲子園に出られるようにやっていきたい」と来年の目標を語った。

フォームのバランスもよく、力強い腕の振りができる伊藤投手、体にも恵まれており、来年のドラフト候補として注目したい。

2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2022年度-高校生-神奈川県のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
来秋ドラフト候補の平塚学園・伊藤 球速アップ意欲 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 来秋ドラフト候補に挙がる平塚学園(神奈川)の伊藤要(2年)が、98年以来の甲子園出場を誓った。

今夏はエースナンバーを背負ったが3回戦で敗退し「3年生の夏を終わらせてしまった。自分の力のなさを痛感した」と振り返る。最速140キロ右腕は今月まで紅白戦に登板し「良くなっている部分と、まだまだ課題の部分がある。春までに球速も上げていきたい」と意気込んだ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント