金光大阪・古川温生投手が9回に自己最速の144キロ記録、4安打9奪三振完封

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース

センバツ高校野球大会では、金光大阪の古川温生投手が、日大三島を4安打9奪三振で完封し、9回に最速144キロを記録した。

スポンサーリンク

バネ

古川温生投手は170cm70kgと体は大きくないものの、見るからにバネのありそうな体型で、躍動感あるフォームから勢いのあるストレートを投げる。また得意のスライダーはタイミングを外すようなやや抜いた感じで、バッターはストレートとの緩急でやられる。

この日も序盤はやや制球に苦しんだものの、終盤にはスライダーで三振を奪う投球で、9回で9個の三振を奪った。また、ストレートも9回に自己最速を4キロ更新する144キロを記録し、「自分でも正直、驚きました」と話した。

昨年、元中日のエースで高校OBの吉見一起氏が特別コーチに就任し、昨年末の練習試合で打ち込まれた古川投手は、「不安そうな顔をしている時があったので、一つ一つの行動が見られているよ。エースなんだから、堂々としないといけないし、下を向いていてはいけないよ」と指導を受けた。

センバツ前にも横井監督に吉見氏から連絡が入り、「やれる、君は良い投手だ、という内容でした」というものだったという。

多くの支えで記録した完封、そして144キロ。球速では近江の山田陽翔投手の146キロに次ぐ2番目の最速記録となった。まずはこの大会でどんな投球を続けるのか、そして将来に向けても、この日の投球が大きな財産となるだろう。

センバツ高校野球(2022)3日目の対戦カードと注目選手
センバツ高校野球大会は3日目、対戦カードと注目選手です。
2022年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
9回に自己最速4キロ更新「エースなんだから」胸に刻んで138球完封 金光大阪・古川を支えたOB吉見さんの言葉【センバツ】:中日スポーツ・東京中日スポーツ
◇21日 センバツ高校野球1回戦 金光大阪4―0日大三島(甲子園) 金光大阪が春夏通じて4度目(春3度)にして「甲子園初勝利」を挙げた...
金光大阪 悲願の聖地初星! 元中日・吉見先輩の初出場から20年 エース古川が138球の熱投 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 金光大阪は東海地区覇者の日大三島(静岡)に4―0で快勝。エース右腕の古川温生(はるき)が4安打で完封し、春夏通じて甲子園初勝利を挙げた。大阪府勢“2強”の大阪桐蔭、履正社以外が選抜で勝利するのは09年のPL学園以来13年ぶり。高知、木更津総合(千葉)もそれぞれ2回戦に進んだ。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント