【夏の甲子園2022】スポーツ報知は地区ごとに注目選手を紹介

高校野球ドラフトニュース 2022年ドラフトニュース 2023年ドラフトニュース

本日開幕する夏の高校野球甲子園大会、スポーツ報知は北海道、東北など、地区ごとに注目選手を紹介している。

スポンサーリンク

北海道

札幌大谷のエース・森谷大誠投手を北海道地区のイチオシ選手とし、172cmと小柄だが148キロの速球を投げ、プレートをける力が並外れていて、毎試合のように左足のスパイクの紐が切れるという。南北海道大会では4試合を投げて自責点2と安定している。

東北

八戸学院光星の洗平歩人投手は、父の元中日の投手・洗平竜也氏が3年連続で青森大会決勝に進出するも甲子園出場がならず、父の無念を晴らした形となった。

関東

横浜高の2年・杉山遙希投手をイチオシとし、140キロの速球は球速以上に伸びがあり、鋭い変化球とのコンビネーションで打者を翻弄する。1球ごとの間合いを変えるなど、打者に自分のスイングをさせない。

また、明秀日立の石川ケニー選手についても、4番投手としてリリーフのマウンドに立ち、茨城大会決勝ではピンチに2度ワンポイントとして登板し、ともに三振を奪ってピンチを断った。甲子園でもキーマンになるとしている。

北信越

日本文理の田中晴也投手は新潟大会準決勝で自己最速となる150キロを記録、圧倒の投球を見せるが、ピンチの場面で更にギアを上げる。また長距離砲としても注目される。

東海

愛工大名電の有馬伽久投手は冬場の下半身強化で足速が147キロになり、多彩な変化球も投げ分ける。5番を打つ打撃でも愛知大会打率5割、ホームランも放っている。

近畿

昨年夏の甲子園4強の立役者、京都国際の森下瑠大投手は、センバツで日本一を狙ったが、新型コロナの感染によりチームが出場を辞退した。「この夏に懸ける思いはどのチームより上だった」と話し、日本一への思いが強い。

近江の山田陽翔投手は京都国際に変わってセンバツに出場し準優勝、しかし決勝では大阪桐蔭に大敗し、「甲子園という舞台で大阪桐蔭を倒したい」と雪辱に燃えている。

中国・四国

高松商の浅野翔吾選手が高校通算64本塁打を放ち、長打力、俊足、強肩に加えて、昨年から両打に挑戦して結果を出すようになるなど器用さもある。「個人としては今大会NO1バッターと言ってもらえるような存在感のある打者に」と話す。

九州

九州学院の村上慶太選手は、東京ヤクルトで5打席連続ホームランの日本記録を作ったヤクルト・村上宗隆選手の弟で、190cm94kgの体格があり、「兄を参考にしている」という打撃で逆方向にもうまく運ぶ。

【夏の甲子園2022】スポーツ紙が紹介する甲子園大会の注目選手一覧
スポーツ紙各紙が紹介した、2022年夏の甲子園大会に出場する注目選手を一覧でまとめます。
【甲子園の主役はオレだ 北海道】札幌大谷・森谷大誠の強靱な下半身
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。
【甲子園の主役はオレだ 東北】八戸学院光星・洗平歩人、父の無念を胸に
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。
【甲子園の主役はオレだ 関東】横浜・杉山遥希、1年夏から主戦 明秀学園日立の石川ケニー、好救援の4番
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。関東は、入学して間もない昨年夏にも甲子園のマウンドを踏み、成長を遂げて帰って来た横浜・杉山遥希投手(2年)
【甲子園の主役はオレだ・北信越】日本文理・田中晴也、最速150キロの大砲
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。
【甲子園の主役はオレだ 東海】愛工大名電・有馬伽久、投打に一級品
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。
【甲子園の主役はオレだ 近畿】京都国際・森下瑠大、不運に泣いた春の分も 近江・山田陽翔、打倒大阪桐蔭
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。近畿では左右の快腕、京都国際・森下瑠大(りゅうだい)投手(3年)、近江・山田陽翔(はると)投手(3年)に熱
【甲子園の主役はオレだ 中国・四国】高松商・浅野翔吾、NO.1打者に
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。
【甲子園の主役はオレだ 九州・沖縄】九州学院・村上慶太、兄でヤクルト・宗隆譲りの打棒
 第104回全国高校野球選手権大会が6日、開幕する。各地区の本紙の「イチオシ選手」を紹介する。
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2022 Draft home page

コメント