帝京長岡・茨木佑太投手が143キロで9回2失点完投、11球団視察し幹部クラスも

2024年ドラフトニュース 高校野球ドラフトニュース 阪神ドラフトニュース

春季高校野球北信越大会では、帝京長岡のプロ注目右腕・茨木佑太投手が9回を2失点に抑えて完投勝利し、決勝進出を決めた。この試合には11球団のスカウトがそれぞれ複数人でクロスチェックをしていた。

スポンサーリンク

5回まで8奪三振

準決勝の福井工大福井戦で先発した茨木佑太投手は、初回に味方が3点を取った事で立ち上がりから楽な気持ちで抑えてゆき、5回までに8つの三振を奪った。

6回から雨が激しくなり2つの四死球とヒットで2アウト満塁のピンチを招いて、その後約35分の中断となった。しかしベンチで気持ちのリセットと捕手と対策を話し合い、中断があけるとこのバッターをセンターフライに仕留めて無失点に抑えた。

7回に味方のエラーが絡んで2点を失い、この春の大会で初めて失点をする。昨秋も敦賀気比に終盤に逆転をされている。しかし、「先頭を抑えることを意識して8、9回を0に抑えて勝つことができた。去年の経験を生かせた」と話し、落ち着いて9回を投げきった。

この日は11球団のスカウトが視察をしたが、ほとんどの球団が幹部クラスと複数人での視察をしていた。阪神の筒井スカウトは「兄の茨木秀俊投手とは、違った良さがある。スケールが大きく、順調に成長して伸びてきている」と評価した。

元プロの芝草監督は「十分です。あれが茨木の成長したところ。ムキになったりせず、非常にクレバーな投球をしてくれた」と話してエースの投球を見せた茨木投手をたたえ、北信越チャンピオンをかけて決勝を戦う。

2024年度-高校生投手-右投のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
2024年度-北信越のドラフト候補リスト
ドラフト候補の評価や動画、みなさまのコメントを紹介します
【高校野球】プロ注目の投手対決は帝京長岡の144キロ右腕、茨木佑太に軍配…プロ11球団が視察 - スポーツ報知
 帝京長岡(新潟県1位)は、4-2で福井工大福井(福井県1位)に勝利し、決勝進出を決めた。プロ注目の最速144キロ右腕、茨木佑太(3年)と、福井工大福井の148キロ右腕、篠原響(3年)が対決。プロ11
北信越大会で帝京長岡が初の決勝進出 プロ注目の茨木が11球団スカウトの前で好投 芝草監督も評価 - スポニチ Sponichi Annex 野球
 第150回北信越高校野球大会の準決勝が3日、富山市民球場で行われ、帝京長岡(新潟1位)が初の決勝進出を決めた。プロ注目の先発・茨木佑太投手(3年)が、11球団のスカウトが見守る中、冷静な投球で2失点(自責1)にまとめ完投。福井工大福井(福井1位)に4―2で競り勝った。きょう4日の決勝では東京都市大塩尻(長野1位)と対...
帝京長岡プロ注目右腕・茨木佑太9回完投で初の決勝進出 出来は「まあまあ」複数球団視察 - 高校野球 : 日刊スポーツ
帝京長岡(新潟1位)が福井工大福井(福井1位)を下し、北信越大会初の決勝進出を決めた。プロ注目の最速144キロ右腕・茨木佑太投手(3年)が複数球団のスカウトが… - 日刊スポーツ新聞社のニュースサイト、ニッカンスポーツ・コム(nikkansports.com)
スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
シェアする
ドラフト会議ホームページ2024 Draft home page

コメント