龍谷大平安・徳本健太朗選手は足で見せる

高校野球ドラフトニュース 2014年ドラフトニュース 2014年高校野球選手権ニュース

 春夏連覇を目指す龍谷大平安は、1番を打つ徳本健太朗選手にプロのスカウトも注目している。徳本選手は今大会で6盗塁を目指す。

センバツで大活躍

 徳本健太朗選手はセンバツ大会で1番センターとして出場し、5試合に出場して22打数8安打で打率.364、6得点、ホームラン1本、3ベース2本を記録している。広い守備範囲とともにヒット後の走塁、そして4盗塁を記録するなど足が注目され、巨人のスカウトが「足で食っていける選手」と高い評価を示した。

 この日、甲子園練習を行った徳本選手は「甲子園10盗塁」と目標を語った。春は4盗塁を記録しているので、今大会では6つ以上の盗塁を目指す。

 徳本選手はまた、センバツ後に発表された18U日本代表候補に選出されており、代表入りはかなり近いのではないかと思う。1番徳本健太朗、3番・浅間大基、4番・岡本和真の打線が見られれば、本当に楽しみだ。

徳本、甲子園10盗塁目標 - 日刊スポーツ紙面 2014/8/4

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ドラフト会議ホームページ2020 Draft home page

コメント