高校野球・栃木大会(2015):ドラフト注目度B

朝山広憲, 大下誠一郎, 五十幡亮汰, 渡邊峻平, 小林晃也, 添田真海, 柿澤郁也, 永沢楽

 昨年は佐野日大の田嶋大樹投手が注目され、作新学院などからも毎年のように注目選手が出てくる栃木県、今年はもっと評価が上がってもよかった選手が、なかなか評価が上がってこなかった感じもある。それでもポテンシャルの高い選手は多く、ドラフト注目度はB。

地区

 昨年夏は田嶋大樹投手の佐野日大を破り作新学院が甲子園に出場、新チームの秋には宇都宮南と佐野日大が決勝に進出し宇都宮南が勝利した。そして今春は作新学院と国学院栃木が決勝に進出し、6-4で作新学院が勝利している。

 作新学院が選手の層などから一歩リードしているものの、国学院栃木や佐野日大、青藍泰斗や白鴎大足利といった私学がおり、宇都宮の公立勢も勢いがつくと一気に甲子園に出場する事もあり、いつも激しい戦いを見せる。

 組合せでは作新学院がいきなり昨秋ベスト8の幸福の科学学園と対戦、他にも同じブロックにはシードの矢板中央や、ノーシード爆弾の佐野日大、文星芸大付などが入り激戦区となった。優勝候補の作新学院にとって厳しい戦いとなりそうだ。

 

注目選手

 作新学院の朝山広憲選手は1年時から投打に注目され、昨年夏の甲子園でも試合に敗れたものの、沖縄尚学の山城大智投手から初回にホームランを放っている。投手としてはこの春は打者1人に投げただけで調子は不明。投打ともにもっと期待していただけに、最後の夏の活躍が期待される。

 白鴎大足利の大下誠一郎選手も1年時から注目された選手で、1年秋にチームを甲子園出場に導き、大きなスイングで甲子園でも1試合4本の2ベースヒットを記録した。投げても145km/hを記録するようになり、最後の夏の活躍が注目される。

 国学院栃木の渡邊峻平投手はサイドスローから140km/hを記録する投手でプロも注目している。春の関東大会では常総学院戦でホームランも放ち、センスの高さを見せている。

 

その他の注目選手

 作新学院はリードオフマンの添田真海選手が巧みな打撃を見せる。中学時代に15U代表を経験しており、まだ期待にこたえられていない。佐野日大は3年生の柿澤郁也選手は強打に強肩俊足の選手、また2年生の永沢楽投手は141km/hを記録しており、同学年の五十幡亮汰選手は中学時代は陸上界のスターとしても期待され、プロも肩と足に中学時代から注目している。

 矢板中央の小林晃也投手も140km/hを越えたようで、力を付けている。

2015年度-高校生-栃木県のドラフト候補リスト

2015年度以降-高校生-栃木県のドラフト候補リスト


PAGE TOP