高校野球・岐阜大会(2016):ドラフト注目度C

今井順之助, 村橋主晟, 湯口郁実, 松向輝, 小島紳嗣, 加藤壮太

高校野球岐阜大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフト会議では県岐阜商の高橋純平投手に3球団が競合し福岡ソフトバンクが獲得をしている。今年は昨年ほどの目玉選手はおらず、ドラフト注目度はC。

地区

昨夏は岐阜城北が甲子園に出場したが初戦で中京大中京に敗れている。秋は大垣日大が優勝、中京が準優勝も東海大会ではベスト8どまりでセンバツ出場はならなかった。

この春は県岐阜商が優勝、美濃加茂が準優勝し、東海大会では県岐阜商が準優勝している。

注目選手

中京の今井順之助選手は178cm86kgの左のスラッガーで、高校通算40本を超すホームランを放つ。スイングスピードが速く、ボールを見逃す余裕がある。全国でも屈指のスラッガー候補。

その他の選手

県岐阜商で高橋純平投手の後を任されたのは村橋主晟投手で、180cmの体があり143キロを記録する。ただし1年時に期待されていたよりはやや伸び悩みの印象も受ける。

大垣日大は1年生からショートを守る湯口郁実選手が守備力の高い選手として注目される。2年生の浦野虎ノ介選手は182cmの大型選手で打席センスの高い選手。

市立岐阜商の松向輝投手は178cmの左腕、130キロ後半の速球と鋭いスライダーで三振を奪える投手。岐阜総合学園の小島紳嗣投手は175cmだが142キロの速球を投げ県でも上位クラスの好投手。

中京の加藤壮太選手は187cmながら50m5.9秒の俊足と抜群の強肩を見せる。

2016年度以降-高校生-岐阜県のドラフト候補リスト


PAGE TOP