高校野球・群馬大会(2017):ドラフト注目度A

鏑木風雅, 根岸崇裕, 皆川喬涼, 丸山和郁, 小野大夏, 山下航汰, 山上信吾, 安里樹羅, 中村光, 茂木優吾, 経田晃生, 高橋樹毅

2017年夏の高校野球群馬大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はおらず、強豪校に好投手がいたもののあまり目立った選手がいなかった印象です。今年はプロが注目する投手がおり、他にも140キロ台を投げる投手が大勢いるので、ドラフト注目度はA

地区

昨年は前橋育英が強さを見せ、群馬大会決勝で健大高崎に8-4で勝利し甲子園に出場した。総合力を高く評価されたものの甲子園では初戦で嘉手納に10-3で大敗し、実力を発揮できなかった。

秋も前橋育英が優勝し、準優勝は健大高崎、ベスト4に高崎と高崎経大付が入った。2校が出場した関東大会では前橋育英、健大高崎ともベスト4位に入り、センバツ出場を果たす。センバツでも共に初戦に勝利する。前橋育英は2回戦で報徳学園に完封負けを喫したが、健大高崎は延長15回引き分け再試合なども戦い、ベスト8に進出した。

春も前橋育英が優勝し、健大高崎が準優勝、ベスト4には前橋東と高崎が入った。2校が出場した関東大会でも共に初戦に勝利し実力の高さを見せている。

前橋育英か健大高崎の2強といえる。共に総合力があり、前橋育英は140キロ投手を複数人擁し、健大高崎も繋がりのある打線に投手力も強化してきている。その他では高崎高校がアンダースロー投手で強豪チームを恐れさせる。常磐高校はプロも注目する好投手がおり、市太田、伊勢崎清明、樹徳などにも好投手がいる。市太田は富士重工の監督として都市対抗準優勝を収めた水久保監督が就任して2年目で注目される。

注目選手

前橋育英の140キロカルテットがさらに成長をしている。192cmの長身右腕で140キロを超す球を投げる根岸崇裕投手は、これまでは控え投手的な存在だったが、この春はエースとして登板し、7回12奪三振ノーヒットノーランも達成した。丁寧な投球ができる。皆川喬涼投手も180cmで144キロを記録し、昨年はエースとして期待されながらも春は故障に苦しんだ吉沢悠投手も142キロを記録する。

その中で能力の高さを評価され、U18代表候補にも入ったのが丸山和郁投手。170cm70kgと体は大きくないものの、左から威力のある144キロの球を投げる。リリーフで登板し失点を許さない。また打撃でもさく越え弾を見せ、50m5.9秒の足もあり抜群の身体能力を持っている。

その前橋育英勢に負けない注目度の高さを誇るのが常磐高校の山上信吾投手で、183cmの長身から最速は146キロを記録した。高校入学時は128キロで投手ではなかったが、2年生の春から投手のトレーニングを始めると秋には145キロを記録した。プロ複数球団が視察に訪れている。

その他の注目選手

健大高崎ではセンバツでも力のある球を見せた小野大夏投手が145キロを記録する。健大高崎は高校通算20本以上を放つ安里樹羅選手や2年生でセンバツでも長打をかっ飛ばした山下航汰選手などがそろう。

太田市立には140キロ投手がそろう。中村光投手は最速143キロの球が伸びてくる投手で、強豪の強打線も苦しむと思う。また茂木優吾投手は192cm93kgの身体があり前橋育英の根岸投手と同じ体型、角度のある141キロの球とフォークボールを投げる。樹徳高校の小寺怜弥投手はキレの良い137キロの球を投げる左腕で故障から復活をした。東農大二の経田晃生投手は182cmの右腕で体重が増して球威も増しているという。

桐生第一の鏑木風雅選手は、侍ジャパンU15代表として期待されていた。1年からレギュラーとして出場しセンスの良い打撃や守備を見せたものの、もっと期待をしてしまう。大泉高校の高橋樹毅選手は高校通算39本塁打を放つ右のスラッガー。

2017年度-高校生-群馬県のドラフト候補リスト


PAGE TOP