高校野球・鹿児島大会(2017):ドラフト注目度C

渡辺竜基, 石川槙貴, 竹内碧, 田中李毅那, 鈴木勇斗, 田中怜央那, 上村大希, 西竜我, 尾堂吉郎

2017年夏の高校野球鹿児島大会の注目選手を紹介します。昨年のドラフトで指名された選手はいなかったが、れいめいの太田龍投手や鹿児島実の綿屋樹選手が注目された。今年は昨年ほど注目された選手はおらず、ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は樟南が強さを見せて甲子園に出場、秋はれいめい、春は神村学園と覇者が入れ替わり、鹿児島実も3大会連続で準優勝と実力は確か。しかも春の九州大会は神村学園が優勝し、鹿児島実が準優勝と九州で存在感を見せた。鹿児島実、神村学園がチーム力で頭一つ出ている印象。

注目選手

今のところ、ドラフト会議で確実に指名されそうな選手はいない。

その他の注目選手

投手で注目されるのは、鹿児島城西の石川槙貴投手と鹿児島実の渡辺竜基投手の二人。石川投手は185cmの右腕で最速144キロの速球を投げる。野手としてプレーしていたが強肩であることからマウンドに上る投手で打撃でも注目されるが、投手としての可能性を秘めている。渡辺投手も186cmの長身右腕で141キロを投げる。こちらは投手らしい投手でエースとして活躍している。鹿児島城西では平良琉杏投手も143キロを記録する。

神村学園は俵森大輔投手が181cmの左腕投手、球速は130キロ前半でまだまだだが重い球を投げ込む。春の大会で活躍を見せた青柳貴大投手も173cmの左腕で切れの良い球を投げる。

樟南の田中李毅那投手は制球力課題も140キロ投げる183cmの右腕、尚志館の竹内碧投手も180cmから139キロを投げる本格派右腕、鹿屋中央の鈴木勇斗投手は171cmながら140キロの切れの良い球を投げる左腕。

打者では神村学園の田中怜央那捕手が痛烈な打球を打つ捕手。鹿児島実の2年生・西竜我選手も強い打球を打ち注目される。捕手では鹿児島城西の上村大希選手が182cmの身体があり、セカンドまで1.9秒の肩を見せる。れいめいの尾堂吉郎選手は180cm90kgの右の大砲候補

2017年度-高校生-鹿児島県のドラフト候補リスト


PAGE TOP