高校野球・佐賀大会(2017):ドラフト注目度C

緒方雄大, 古川航輝, 大江海透, 木村颯太, 森田直哉, 江頭悠哉, 空閑壮耶

2017年夏の高校野球佐賀大会の注目選手を紹介します。昨年はドラフト会議で指名された選手はいなかったが、148キロを記録した佐賀東の福島雄大投手や佐賀商の大型捕手・野中翔太選手などが注目された。今年はこれほどの選手がおらず、候補数もやや少ない。ドラフト注目度はC

地区

昨年夏は唐津商が優勝し甲子園に出場、秋と今春は佐賀北が優勝している。その他、佐賀商、佐賀学園、神埼清明、鳥栖工などが力をみせている。選手層の厚さを誇る佐賀商と、実力を発揮できている佐賀北が本命か。

注目選手

今のところ、ドラフト会議で指名の可能性が高い選手はいない。

その他の注目選手

神埼清明の大江海透投手は180cmの左腕で、球速も143キロを投げる。キレのあるスライダーがあり、フォームのバランスが良くなって制球力もアップし、プロのスカウトも指名を意識できる所まで来ている。佐賀商は2年生の木村颯太投手が注目、きれいなフォームからキレの良い142キロの速球を投げる。

東明館の緒方雄大投手も180cmの左腕投手、球速は130キロ中盤だが今後成長に期待したい。早稲田佐賀の180cm左腕・森田直哉投手も140キロの速球を投げる。右足首を故障していたが、復活を目指す。致遠館の江頭悠哉投手も184cmの左腕投手で大きなカーブを投げる。大型左腕が集まった。佐賀工の嶋大輝投手も142キロを投げるという。

野手では佐賀北の古川航輝選手が183cm94kgの身体があり、左のパワーヒッターとして注目される。佐賀商の空閑壮耶選手は勝負強い4番、打撃技術に定評がある。

2017年度-高校生-佐賀県のドラフト候補リスト


PAGE TOP